赤と黒 スタンダール
★2011年1月8日の記事を再掲

なんというか、「すんごい恋愛小説を読んだ」というのが読後の感想。「なにこの駆け引きすご過ぎない?」と何度思ったことやら。恋愛とは格闘技にも似ていると初めて思っちゃいました。

序盤のレナール夫人とジュリヤンの恋愛は、世間知らずの奥様が、自分の周りにいる男性達とは全然違うタイプの人間に対して盲目的に惹かれてしまう、というもの。これはまあ普通だったよね。これらの部分については特別語ろうと思うところはなかったなぁ。

それよりなにより、中盤以降のマチルドとの恋愛の部分が、なんかもう複雑だったとしか言いようがない。両人がいかにイニシアチブを握るか、そういう駆け引きが延々続くんだもん、ほんと目が離せなかった。

【スポンサードリンク】


とにかく相手に弱みを見せるのが嫌だという両者。特にマチルドの方がプライドの高さが天井知らずなので、恋心の移り変わりがものすごく激しいんだよ、これが。

思想心情もかなり高尚なところにありすぎて、なんだか我々一般人には理解しがたい部分が多々あったように思う。いや、理解しがたいというより共感しにくいと言った方が正しいのかもしれない。


簡単に言ってしまえば、英雄“像”に恋していると言う感じなんだろうなぁ。どうしたってそこに相手ともズレが生じてしまうわけだ。あくまで像、イメージに恋をしている。そこに本来生身の人間が入り込む余地なんてないはずなのに、そういったイメージを生身の人間に要求してしまうから性質が悪い。


でも、まだ10代だもんなぁ。いわゆるアイドル歌手とかに恋をするのと全く一緒なんだよね。それでいて異様に頭が賢く政治にも強くなっちゃうと、なんかとんでもない理想像を作り上げちゃったということなのでしょう。

こうやって見てみると、マチルドという人間も賢い割には非常に盲目的な人間なんだなと、ちょっとしみじみ感じてしまった。全く逆のタイプだと思っていたレナール夫人と実は似たタイプだった、ということなのかもしれないね。


ちなみに、本書は“誤訳博覧会”なんて一部で言われているらしいけど、そこまで気にならなかったけどなぁ。普通に面白かったです。


赤と黒 (上) (光文社古典新訳文庫 Aス 1-1)
スタンダール
光文社
売り上げランキング: 344,075








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation