GANTZ(ガンツ)10
★2011年3月31日の記事を再掲

GANTZ 10 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)今回は新キャラがこれでもかというくらい出てきたものだね。

まあ死んで退場する人数も多いからしょうがないのだろうけど。ま、ある意味短いスパンで切り替えができるから新鮮といえば新鮮かもしれない。

でもまさか超能力的なものが使えるキャラが出てくるとはね。もういいかげん肉弾戦だけじゃどーもこーもいかんということで登場させたのかなぁ? だけど、それと一緒に脳筋タイプのキャラも出てきたりで、ちょっとバランスでも取ったのかもしれない。

【スポンサードリンク】


それから、主人公の計だけど、なんかタエちゃんと付き合いだしてから良い感じに成長を果たしている感じになってるね。

ガンツの世界での戦闘はヒーロー気分を味わうというものだったのが、彼女のために生きて帰るというものに変化したし、これでまた生存率も高くなったんじゃなかろうか。


それにしても、和泉というキャラ。何なんだろうね、こいつは。新宿の大虐殺とか、一人の人間がここまでやれちゃうというのがフィクションとはいえめちゃくちゃ恐ろしいものを感じちゃったなぁ、ほんと。酷過ぎるっていうレベルじゃないぞ、マジで。

彼は何やらガンツの世界で一度100点を取ったことのあるキャラみたいなんだけど、もともと何をしてた人間なのか、どういうバックボーンを持っているのか、非常に気になるところです。


★2011年4月1日の記事を再掲

GANTZ 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)なんかまた新たな展開になってきているね。

何なんでしょう、あの黒服集団は。ガンツに呼ばれた人達を敵だと認識させるセミナーなんかも開いているし。そこにまた主人公・計の弟・アキラまで登場とか、リアルに「え!」と思わず声が出てしまったよ、まったく。


血液を採取? 吸血鬼? いきなりこんなベタなガジェットを挿入してきたのはなぜ? と思いつつも、結構ワクワクしてきている自分がいるのも事実。

黒服集団はガンツの世界と普通の世界を行き来できるみたいだし、いやぁ~また物語に深みが増しましたな。とはいえ、謎が多すぎるし、それが全く回収されていっていないのはどうかと思うけど。


それから、タエちゃんがなぜかガンツのターゲットに。正直、意味が分かりません。一般人までターゲットになっちゃうの? どういう選定のされ方になっているのかほんと謎すぎる。

タエちゃんが実は星人ってことはないだろうしなぁ。で、そのおかげでと言ってはなんだけど、仲間内で戦うことに……。どうなってしまうのやら。


それにしても、急な展開が多かったなぁ。ほんと畳み掛けるかのように物語を動かしてきたものだね。




まさかの立ち位置逆転「GANTZ(ガンツ)7、8、9巻」(奥浩哉)








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation