★2011年4月2日の記事を再掲

GANTZ 16 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)うわぁ…またしてもヒロイン的存在が死んでしまった。。

なんかこの著者は清々しいほどに主要人物を殺していっちゃうものだね。なかなかの衝撃度ですよ、ほんと。今回ガンツによる“100点到達の特典メニュー”が公開されていて、その中に「死亡したメンバーを再生させる」というものがあったから、そこでなるほどねとは思ったけども。

そもそも、このタエちゃんがターゲットにされた理由というのが、偶然にも黒スーツの彼らを写真におさめてしまったからみたいなんだけど、なんでそんなことになっちゃったんだろうね? そこの理由がまったく分からない。偶然ということで済ませちゃうんだろうか、ちょっとそれは解せないなぁ。

【スポンサードリンク】


それから、今回はあの黒服達と手を握っているっぽい星人が登場。一般の人達からも視認できるわ、人間の言葉も喋れるわ、色んなものに変身もできるわで、もう何でもアリ過ぎて恐ろし過ぎる。

一般人も巻き込みまくりの上、人類撲滅宣言とかしちゃとか、なんかもう唐突すぎて訳が分かりません。ものすごいかつてないほどの絶望感


最終的には倒せちゃうんだけど、最後の頼みは肉弾戦っていうのがなかなか興味深かったなぁ。銃だと素早い相手にはロックオンすらできないから、威力があろうとも厳しいんだろうね。和泉が常に使ってきた刀が最強なのかもしれない。

それにしても、パンダってまだ一応参加してたんだね。最初にいた犬はどうなったんだろう?


★2011年4月4日の記事を再掲

GANTZ 19 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)ついに100点メニュー開放。

てことで、加藤とタエちゃんが生き返った。ついでに中坊も。正直、ここで中坊を生き返らせるとは全く予想だにしなかったなぁ。というか、存在すらすっかり忘れてたけど…。ある意味賢明な判断というところなのだろうね、色々情報を持っていることだし。


あと、何やら“カタストロフィ”というワードも言及されたりで、段々とクライマックスに近くなってきたということなのかな? ガンツの事件を追っているライターさんとかも登場してきたし、ちょとづつではあるけど真相が小出しにされてきたようです。ようやくって感じだな、ほんと。


それから、またもや主要人物が死んじゃったね。和泉と計の弟アキラ。アキラというキャラは、やっぱり主人公の弟であり黒服集団ってことで、かなり物語に絡んでくるんだろうなぁなんて思っていただけに、妙にあっさり退場してしまったのは衝撃だった。

だって、アキラ視点のエピソードもあったくらいなんだから絶対期待しちゃうでしょう。あのホストザムライの立ち位置をアキラにすればよかったのにと、ちょっと思ってしまった。


それにしても、大阪にもガンツチームがあったとはね。なんか完全にゲーム感覚にしか思ってないやつらばかりの集団で、それがものすごく狂気的に映るんですが。端的に言うと気持ち悪い…。星人の気持ち悪さも相まって、なんとも濃ゆいエピソードになりそうだわ。









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation