魔法少女まどか☆マギカ ハノカゲ
★2011年6月19日の記事を再掲

ネット上の盛り上がりを見て、さすがに気になっちゃったので読んでみた。ちなみにアニメ版はまったく観てません。

うん、確かに人気があるのが分かるような気がする。何度か驚かされるような展開があったもんなぁ。これを毎週1話づつドキドキしながら放送されるのを待ってるのって、かなり想像を膨らませたりなんかして、そりゃあ生活にも張りが出ることでしょう。

物語のメインが魔女との戦いというわけではなく、魔法少女達の心の葛藤の方に重きを置いているというところも人気が出た要因なんだろうと想像に難くない。戦闘物でスカッとするものよりも、色々考えさせられるものの方が個人的にも好きだしね。

【スポンサードリンク】


でも、まさかこんなにグロい部分があるとは思わなかった…。「ポキ、パキ、ゴキ、グチュ、バキ、ガリ、ブチ、グチャ」とか、なんかものすごい擬音を使ってくるし。

確かに魔法少女になるっていうのは死と隣り合わせなんだというのは分かるけど、魔法少女同士の戦いにおいても普通に流血しまくりとか、まさに殺し合いじゃないか。2巻終盤のさやかもヤバかった…。


それにしても、最後のまどかの願い事から察するに、ほんと願い事って基本的に何でも叶えられちゃうもんなんだね。

それだったら、キュゥべえ達が必要としているエネルギーを無限にしてくれとか、そういう願いにしたら地球の人間達も迷惑を被らなかったのにと思えてしょうがない。ほむらちゃんもまずそこに気付くべきだったのでは?

宇宙因果律までも変えれちゃうほどの能力があるんだから、エネルギーを無限にするくらい簡単な気がするんだけど。キュゥべえが少女を脅すなりして無理やりそういう願いを言わせれば、一人の犠牲で済んだんじゃないかと思えてしまう。ま、野暮な想像かもしれない。


そのうちアニメも観てみたいなぁ、やっぱり漫画版は展開が早すぎるよ。


魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
ハノカゲ
芳文社 (2011-02-12)
売り上げランキング: 45,905








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation