チョコレートコスモス 恩田陸
★2011年8月8日の記事を再掲

やっぱり自分の知らない世界を垣間見るっていうのは、なんて面白いことなんだろう。そう改めて感じさせてくれた作品。

本書では舞台を演じる役者、戯曲を書く劇作家、それら演劇人たちの生態が非常に興味深く描かれている。演劇人視点から観た演劇や共演者同士の駆け引き、小さな劇団の旗揚げまでの流れなど、舞台の上だけでなくそこに上がるまでにもやっぱりドラマがあるわけだ

それらは言うまでもなくネガティブ要素が満載。確執、仲違い、精神的肉体的苦痛、その他諸々。

【スポンサードリンク】


そういったものを乗り越えたからこそ、良い芝居ができるわけだし、やりとげた感というものも相当なのだろうと想像に難くない。モチベーションとなるものって人によって違うのだろうけど、役柄から自分自身へとリセットした瞬間って感慨深いものなのだろうなぁ。


それから、公演のシーンも結構惹きつけられました。何が起こるかがまったく分からない妙な緊張感。そういったものが上手く描けていたように思う。

小説という創作物、その中に登場する虚構の人物が創作した虚構の物語を、舞台の上で皆がそれを虚構だと分かった上で演じているという構造。展開にまったく予想がつかない、そこが面白い。


あと、オーディションのシーン。ここでは2人の天才が登場する。その登場人物って冒頭から読者には天才だと刷り込んでいたので、ここで神懸った演技をするのは分かりきっていたにも関わらず、それでもワクワク感を覚えずにはいられなかったところが素晴らしかった。その発想はなかったわという天才2人の共演も良かったなぁ。


本書の登場人物がこんなことを言っている。

「子供が噴水浴びしています。凄くはしゃいでいて、楽しそう。あの子はこの瞬間、世界に触れたことに興奮してるんでしょうね。冷たい水の気持ちよさや、光が当たって水がきらきらしていることだけが今のあの子の世界の全てで、近くで見守っているお母さんのことも、他の子供のことも、なんにも気付いていない。遠くでこうやってあたしがあの子を見ていて、あの子のことを話していることも知らない。今は噴水とあの子だけが世界の全てなんじゃないかって」


天才ってこういうことなんだろうなと、しみじみ思いました。



チョコレートコスモス (角川文庫)
恩田 陸
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-06-23)
売り上げランキング: 22,495








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation