★2013年9月6日の記事を再掲

シドニアの騎士(5) (アフタヌーンコミックス)なんだかずいぶんと岐神サイドの話が凄いことになってきている感がある。割と2巻以来、物語的に不遇キャラな感じだったのに、ここへ来てこんな役割を与えられるとはね。

まあ彼みたいな個性のあるキャラが放置されっ放しというのも有り得ないとは思ってはいたけれど、かなり物語の根幹を揺るがす存在になっていくとはなぁ。しかし、身体が乗っ取られているので、正確には以前の個性とはまた違ってきているのだろうけれど。

【スポンサードリンク】


一体彼がどういう想いを持って対ガウナの研究を推し進めているのやらよく分からないものの、彼無しではたぶん人類の生き残りをかけた戦いというものも行っていけないと思うので、まあ注視していく他ないという感じかも(正直、人間の味方なのかもよく分からない)


そんなこんなで、ガウナ自体も人間が考えた兵器や戦略までをも再現してくるなど、どんどん進化していっているようで、戦闘を行うたびにかなり犠牲者が出ている模様。相当人間は追い詰められている感じですな。

今回描かれた戦闘なんかも、重力のある場というのがネックになっている感じのようだし、これまで見たことのない新手な形態のガウナに大苦戦。ちょっと突発的な状況に対応出来ない操縦士があまりにも多過ぎるようで、もはや主人公の長道におんぶにだっこ状態に見えてしまう。


ちょっと長道が優秀過ぎるきらいがあるのは確かかもしれない。その反面で、開発主任の佐々木さんに殺されかけたり、仄姉妹にもボロボロにされたりと、継衛を降りてシドニア内にいる方がよっぽど死の危険があるような気がするw

それにしても、最後の最後で出て来た機体というか個体が衝撃的過ぎる、人間の言葉を喋ってるし。







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation