★2013年10月20日の記事を再掲

ジョジョリオン 5 (ジャンプコミックス)前巻から引き続き「カツアゲロード」の話が展開されているわけだけど、正直ダレてしまいますな、この辺の話は。

こちとら定助の正体とか、ホリーさん関連の話が進んでほしいと思っているというのに、なぜいきなりこんな話を挟んできちゃうのだろう……。町ぐるみでカツアゲとか、ほんとどうでもいいんですが。

【スポンサードリンク】


たぶん、常秀のスタンドを発現させるために用意したエピソードなのだろうけど、もうちょっとアッサリ描くことは出来なかったのかなぁ。微妙に長かったように感じてしまう。

でも、なんだかんだで常秀の“ネジ”のスタンドというのは興味深い感じではあるね。

これまでに有りそうで無かったという気がするし、ジョジョ以外の漫画においては見た事があるような能力で既視感はものすごい。ベタではあるものの、他の人達の能力が複雑な分、ちょっと原点回帰したような部分があって新鮮かもしれない。


ま、そんなこんなで、何とも微妙な気分で終盤まで読み進めたわけだけど、まさかここへ来てジョニィ・ジョースターの御尊顔を見ることになるとは驚いたなぁ

彼の名前は家計図の中に書かれていたので目にはしていたけれど、ちゃんとエピソードとして描かれることになるとは予想外だったかも。なおかつ、しっかりと前作SBR(スティール・ボール・ラン)とも関連が濃いみたいだし、俄然ワクワク感が出てまいりました。


例の“遺体”の話まで出てくるなど、結構ややこしいことになってきたものだね。こういうのを読んでしまうと、SBRを読み返したい衝動に駆られてしまうものだわ。でも24巻もあるので、ちょっと躊躇してしまう。

それにしても、100年前の二本松に流れ着いた“幼児”の髪型が吉良吉影と似ているように思うんだけど、気のせいだろうか?







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation