先日、某テレビ番組において乃木坂46のメンバーの愛読書が紹介されたらしい。乃木坂46と言えば、生駒里奈が重度の漫画好きだという話は知っているんだけど、全体的に割と本好きが多いグループなんだろうか?

個人的には、アイドルとかを追うタイプではないものの、やっぱり著名人が読んでいる本がどんなものなのやら気にはなっちゃうよね。よく知らない子でも、その人となりを知ったら応援したくなるかもしれないし、知って損はないとは思う。

【スポンサードリンク】


乃木坂46メンバーがオススメ書籍を紹介 秋元真夏「高島彩さんの本で“世渡り”を学んだ」

『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)の10月20日分にて、乃木坂46のメンバーによる「乃木坂POP女王決定戦」企画が放送された。

同企画は、読書の秋ということもあり、メンバーが普段読んでいるオススメの本について、その面白さをPOPで伝えるというもの。読書嫌いのバナナマン・日村勇紀を納得させるため、各メンバーが真剣にプレゼンを繰り広げた。


で、以下が上の記事に紹介されていたオススメ本。


★橋本奈々未

冊数で行くと何千冊。移動中にパッと読めるが好きで、三浦しをんさんとかを読んでいます


★高山一実

・「少女」(湊かなえ)
・「告白」(湊かなえ)
・「贖罪」(湊かなえ)

少女 (双葉文庫) 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1) 贖罪 (双葉文庫)


★深川麻衣

・「夜は短し歩けよ乙女」(森見登美彦)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)


★秋元真夏

・「100%好かれる1%の習慣」(松澤萬紀)
・「聞く、笑う、ツナグ。」(高島彩)

100%好かれる1%の習慣 聞く 笑う、ツナグ。


★齋藤飛鳥

・「崩れる 結婚にまつわる八つの風景」(貫井徳郎)
・「乱反射」(貫井徳郎)

崩れる 結婚にまつわる八つの風景 (角川文庫) 乱反射 (朝日文庫)


★堀未央奈

・「クリスマス・ブレイク」(ジャクリーン・ウィルソン)
・「ローラ・ローズ」(ジャクリーン・ウィルソン)

クリスマス・ブレイク ローラ・ローズ


★能條愛未

・「ザ・シークレット」(ロンダ・バーン)

ザ・シークレット



正直、名前を見ただけでは誰が誰なのやらよく知らないので、公式WEBサイトのメンバー紹介を参照しつつ記事を読んでみました。それでも橋本奈々未しか見た事がなかったり……(申し訳ない)


しかし、読書を娯楽と捉えているか勉強と捉えているかという部分で、パッキリと考え方が別れているようなラインナップですな、なんとなく。

まあ、ビジネス書や自己啓発本の類は読めても、小説は読めないっていう人って少なからずいるもんね。小説は時間の無駄とかそういう理由ではなく、文字がびっちり詰まっていて読みにくいという感じで。

でも、彼女らの場合、10代にしてビジネスをやっているわけだから、おのずとそれらに関連した本を手に取る機会も多いという感じなのかもしれない。


それにしても、橋本さんが何千冊と本を読んでいるというのが凄過ぎるとしか言いようがない。21歳でその読破数はちょっと驚異的ですな。速読でも出来るのかなぁ? じゃないと、仕事をしつつそこまでは読めないでしょう、普通なら。


橋本奈々未 – Wikipedia

趣味は読書である。小学4年生の頃、ガリレオ・ガリレイや徳川家康などの伝記を読みあさった。自身の地元である旭川が作品にたびたび登場する村上春樹の作品を好み、なかでも『ノルウェイの森』は何度も読み返している

ノルウェイの森 上 (講談社文庫) ノルウェイの森 下 (講談社文庫)


ちなみに、Wikiによれば村上春樹の「ノルウェイの森」が好きなんだそうな。
ハルキ・ファンともなると、やっぱりその作品に落ち着くという感じなんだろうか。








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation