黒猫の三角 森博嗣
引き続き森博嗣作品の再読をしています、今回からはVシリーズを。

最近、以前と比べたらずいぶんと読書する意欲が低下しているんだけど、だからこそ本書のように読みやすくある一定の評価がすでに下されているものを読むというのが、気が楽で結構いいものだ、なんとなく。

「そこまで小難しくない、でも深読みも出来る」、そういった感じのものが暇潰しには調度良いのかも。


【スポンサードリンク】


ブログを書くという目的さえなければ、「活字を読む」という欲を満たされるなら何だっていいのだけど、でもやっぱりアウトプットはしたいもんなぁ。

ま、そういう時には適度にエンタメしているミステリがベストな気がします。


予想以上にお嬢様キャラな紅子さん
というわけで、約10年ぶりにVシリーズを読むわけだけど、ほとんど内容を覚えていないものだわ。“へっ君”が誰か、ということくらいしか記憶にないように思う。

主人公?である紅子さんのキャラすら覚えていなかったし、なんだかんだで新鮮でした。

予想以上にお嬢様キャラな紅子さん。おしとやか系ではなく、どちらかといえば高飛車系の方のお嬢様。S&Mの萌絵がどちらかと言うとおしとやか系寄りだったので(異論は認める)、今回は高飛車系を起用するしかなかったのだろうね。


森博嗣はラノベ?
全体的にVシリーズの登場人物は、最初からキャラが立っている感じで、かなりS&Mとも毛色が違う作品に思えてしまう。

お嬢様、探偵さん(何でも屋)、そして男の娘まで登場してくるし、「森博嗣はラノベ」とか言われちゃうのも理解出来なくもないです。まあ、それだけ単純にエンタメとしての面白さが多分にあるということなので、悪いことではないと思うけれど。


中二病をこじらせてしまった人間の末路
しかし、本書の犯人というのも、なんだか理解しにくい思想をしていたものだ。サイコパス的ではあるけど、そんな単純なものでもないのでしょう。

全ての事象は無意味、虚無的な心情。「人生なんて些事だ!」みたいな感じらしく、なんだか妙に全てを達観しているような感じの人物で、気持ち悪ささえ覚えてしまう


動機も目的もない犯罪。理由もなく殺人が出来るのは人間しかいない。それこそが人間の証。

“意味のあることに反発した行為(犯罪)”のように語られていたけれど、いや、もうそれ自体に意味が出来上がってしまっているじゃないか! と、思わずにはいられなかった。

自分の行った行為を高尚なものに見せたいがために、あーだこーだで説明しているように聞こえてしまうので、ほんと中二病をこじらせてしまった人間の末路に思えてならないね……。


それにしても、麻雀の役であるチートイツまで伏線になっていたとは、その辺は驚かされた。




黒猫の三角 (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 29,900







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation