赤緑黒白 (講談社文庫)引き続き再読しています、Vシリーズ。

このシリーズも本書でついに最終巻。あの愛すべきキャラ達ともお別れかと思うと、ちょっと切なく感じますな。会話の掛け合いなど結構ラノベ的なだと思いつつも、なんだかんだで面白かったし、S&Mと比べても興味深いキャラがたくさん揃っていたように思う。

しかし、そんなお馴染みのキャラよりも、今回一番存在感を発揮していたのはやっぱり四季ということになるのでしょう(登場回数自体は少ないけれど)

【スポンサードリンク】


完全に本書の内容を忘れていたんだけど、Vシリーズの最後も四季がここまで影響力を見せ付けてくるとは思いもよらなかったものだ、ほんとビックリ。

そもそもタイトル自体もそれを連想させるものだったらしく、これは「森博嗣による“キャラ愛”の成せる業か」と思わずにはいられない、否が応でも。


★天才とサイコパスは紙一重
ちょっとしたゲスト出演では留まらないところが、天才キャラである四季らしいと言えるのだろうけど、真犯人を無意識に扇動してしまっていたというのが何とも言えない気分にさせられてしまう。

天才が更なる天才に出会ったからこそ、とんでもない化学反応を起こしたということなのかもしれない。とても常人には分らない、ある意味で天才とサイコパスは紙一重なんだなと感じるほかないものです。

紅子さん自身も、自分にも可能だった犯罪だと言っていたことだし、彼女からしても“同じ臭い”というものを感じ取れたということなのかも。


★犯人はS&Mでもあったパターン
それにしても、犯人当てに関してはかなり簡単な方だったような気がする。

若干ネタバレになるけれど、いわゆる影武者的存在が実は○○だったというパターンなわけで、これってS&Mシリーズでもあったものだから、ピンと来やすかったんじゃなかろうかと。

トリックに関しては、機械仕掛けとかがあったりしたので、「そんなの有り?」と多少思わなくもないですな(まあ、森作品としてはありがちではあるけれど)


それにしても、今回ほど被害者を不憫に思うものはないような気がしてしまうものだ。すべてが装飾のために計算され引き合わされ消されたわけだしなぁ……。胸糞悪いったらありゃしない







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation