ジョジョリオン 10
なんだか本気で楽しめなくなってきちゃったなぁ、ジョジョリオン。

前巻の昆虫相撲も割と苦痛ではあったけれど、今回も内容が全然頭に入ってこない。脳ミソがこの漫画を拒絶している! そんな感覚を覚えながら読むほかなかったわけで……。

漫画を読んでいる時にそういった状態になるのは稀有な感じなので、自分としてもすごく驚いています。なんでこうなってしまったのだろう。

【スポンサードリンク】


今回は、前巻と打って変わってバトルメインだったので、「これは盛り上がるでしょう!」と思いつつ読み進めていたんだけど、こちら側(康穂、つるぎ)は基本的に逃げるばかりだったので、個人的に盛り上がりに欠けた印象を持たざるを得なかったものだ。

バトルするなら、真っ向勝負じゃないとスカッとしないよね、正直な話。

や、ジョジョのスタンドバトルは頭脳戦も多分に有るので、必ずしもそうじゃなきゃいけないわけではないものの、康穂&つるぎの能力が情報収集や幻覚を見せるだけだったりするので、ちょっと面白味がなかったと言わざるを得ない。


まあ、2人のスタンド能力がパワータイプではないから仕方がないんだけど、それでも多少なりとも肉弾戦が見たかったものです(あくまでも個人的な願望)

空気やら折り紙(カエル)のスタンドがわらわら動いていても、あまりインパクトがないというのが悲しいところ。やっぱり、人型のスタンドが活躍するところが読みたかったなぁ、ほんとに。


この内容だったら、序盤のミステリテイストてんこ盛りの時の方が俄然面白かった。「定助は何者!?」と、あーだこーだと振り回されている時が恋しくなってくる(まだ、全く解決はしていないけれど) 

今やっているフルーツの問題、つるぎの病気の問題が解決したら、また定助のバックボーンについて描かれ出すのだろうか? でも、もうかなり萎えちゃったので、もう読まない可能性大であります。




ジョジョリオン 10 (ジャンプコミックス)
荒木 飛呂彦
集英社 (2015-07-17)
売り上げランキング: 36,992








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation