アイアムアヒーロー(19) (ビッグコミックス)今回は、なかなかの衝撃的な展開がてんこ盛りで凄かったとしか言いようがない。

ヒデオ、クルス一味、コロリ(浅田教)サイドの人間達が接触を開始したということもあり、クライマックス感も出てきたという感じかな?

ようやく点と点がつながり線になってきたという感じで、物語の厚みも増してきたように思える。本作って、これまで巻によってかなり内容の濃さが上下していた印象もあるし、今回やっと加速し始めたように見受けられて嬉しい限りです。

【スポンサードリンク】


クルスがヒロミちゃんに呼びかけた「お前の望みどおりだ、ここが巣だ」「早く来いよ、あとはお前だけだ」「俺達は、お前のものだ」というセリフに、ほんと鳥肌が立ってしまう。

そっかー、ヒロミちゃんこそが女王蜂だったのですね

16巻でイタリアのZQNが「巣が探しているのは……宇宙人とのハイブリット生命体を生み出す者……女王蜂だ」と言っていたけれど、今後ヒロミちゃんがどういった役割を担っていくのやら気になってしょうがない。

(その時登場していた、クルス的ZQNと少女がどうなったのかも気になる)


★ヒデオもZQNに感染していた疑惑
それから、ヒデオもZQNに感染していた疑惑というのも興味深い。これまでに彼が何度かクルス一味の世界に入り込んだり、意味不明なものが見えたりしていたのは、彼自身も感染していたからと考えたら確かにしっくり来るものだ。

でも、物語の最序盤に噛まれてずいぶん時間が経っているというのに、ZQN的な症状に見舞われることもなく普通に日常生活を送れている点に驚きを隠せない。

ヒロミちゃんやクルス的なZQNではなく、また別の種みたいな感じなのかなぁ?


★ZQNは主に3種類ある
ちなみに今回、“ZQNは主に3種類ある”と紹介されていた。


1. 感染を拡大させる人間型ZQN(役目を終えつつある)
2. 街の清掃、治安維持を担当するZQN(建設的ZQN)
3. 存在理由が不明なZQN(非常に好戦的で人間もZQNも関係なく殺戮)


これらはスペインにおけるZQNのことなんだけど、日本においても徐々に人間型は消えていって、建設的ZQNが増えていくという感じなのだろうか。

その建設的ZQNを今後日本で生み出していくのがヒロミちゃんの役割だったり? でも、クルスが「俺達は、お前のものだ」と言っている部分がどうにも引っ掛かってしまう。

2と3のZQNが相容れるわけがないもんね。








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation