アイアムアヒーロー(20) (ビッグコミックス)ヒロミちゃんがZQN集合体に体を吸収されたという事実に、ちょっぴりショックを受けてしまった今日この頃。

前巻でクルスが「俺達は、お前のものだ」とか言っていたので、てっきりヒロミちゃんがZQNらのリーダー的存在になっていくのだとばかり思っていたというのに、あくまでもZQNの一部でしかないのですね、なんだか切ないなぁ。

まあ、ZQNにとっては、絶対的な個性というものを必要としているわけではなく、とにかく集合体であるということを必要としているわけだから、さもありなんという感じなのかもしれない。

【スポンサードリンク】


今回、ZQN集合体の性質(?)や、目的が語られていたので羅列してみる。


・すぐに「個」が解体され、「全」に溶け込む人もいる。
・「個」のまま孤立して、「全」の底に沈んでいる人もいる。
・この世界(ZQN集合体の精神空間)では「個」は維持できない。

・生命の最終的な目的は多様性ではなく、1つになること。
・生と死を超えた存在になることが目的。



なんかちょっと、エヴァの人類補完計画や「幼年期の終わり」などを彷彿とさせる感じですな。ある意味でベタなのだろうけど、行き着くところまでいくとどうしてもそこに辿り着いてしまうのかもしれない。

劇中、「心が閉じている人はZQNに感染しにくい」とも言及されていたことだし、主人公ヒデオとエヴァのシンジくんってやっぱり似てるんだなぁと、ちょっと感慨深いものです。

そうなってくると、ヒロミちゃんは綾波であったり、シンジくんのお母さん的なポジションと言えるんじゃなかろうか。ま、勝手なこじつけではあるけれど、色々妄想するとなんだかんだで面白い。


★頼りがいのあるコロリ隊長
そんな中で、コロリ隊長も東京からヘリで脱出しようと色々大活躍中。こんなにも頼りがいのある人物だとは思いもよらなかったものだ。

ものすごく変態チックなキャラクターではあるものの、女子からストッキングをプレゼントされるのも頷けるほどリーダーシップを発揮しているんじゃなかろうか。

あと、関係ないけど、おばちゃんの戦闘能力に驚愕。







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation