アイアムアヒーロー 21 (ビッグコミックス)ヒデオを追い掛け回していた黒タンクトップのZQN。なんとなく見覚えがあるけど全く思い出せない。クルス一味とかにいたんだっけ? ヒデオと面識があるとしたら結構限られてきそうなものだけど、分からないものですな。

そうこうしているうちに、そのZQNが小田さんの妹であると発覚(もしや双子だったり?) 面識があったわけじゃなく、小田さんに似ているから「どこかで会ったような」とか言っていたのだろうか? 

なんだか思いのほか、ヒデオによる小田さんに対しての思い入れが強く感じるものだね。どちらかと言えば、ヒロミちゃんとの付き合いの方が長いし、2人っきりで頑張った期間も長かった気がするんだけど、ヒデオからするとヒロミちゃんより小田さんという感じなのかな。

(でも、劇中の時間の流れを把握していないので定かではないけれど)

【スポンサードリンク】


“ZQN感染者の見る世界”の中で、ひさびさに対面する2人の姉妹(ヒデオが時々トリップしたような状態になるのもこれなのでしょう、やっぱりヒデオも感染している?)

黒タンクトップ曰く「(小田さんは)感染者側に入れない。『巣の主』がお前を心底嫌い」とのこと。てことは、やっぱりZQN集合体のリーダーってヒロミちゃんということなわけか。


20巻での説明で、集合体の中では「個」を維持出来ないと言っていたから、てっきりヒロミちゃんも集合体の一部にしかなり得ないのだねと納得していたというのに、結局ヒロミちゃんに限っては「個」を維持出来ちゃうパターンなのね、う~む。

まあ、集合体とはいえ、核となる存在というか意思がないことには纏まれないということなのかも、なんとなく。


★小田さんに対しての殺意の有無論争
そして、ここへ来て、またしてもヒロミちゃんによる小田さん対しての殺意の有無論争が勃発。それって、今この状況で考えないといけない事なのかなぁ? 今やセカイ系みたいなストーリー展開になっているので、殺意とかすっごいちっぽけなものに思えてならないんですが……。

でも、ヒデオに対する想いや愛情なんかも関連してくるから、ヒロミちゃんと小田さんにとっては非常に重要なことになってくるのでしょう(もちろん、ヒデオにとってもだけど)


そんな中で、ZQN集合体に向けて銃を撃つヒデオくん。彼の心は小田さん側にあるということなの? マジで?? ついさっきまでヒロミちゃんを取り返すためにビルまでやってきたというのに、一気に感情が引っ繰り返っちゃった模様。

いやぁ~、ヒロミちゃんがゴミ収集車のボタンを押した事象について、確かにそこに「個」の感情が宿っていたのは否めないだろうけど、やっぱりZQNとしての「全」になろうという感情も少なからずあったんじゃないのかなぁ。

今は集合体としてヒロミちゃんは小田さんを拒絶しているものの、その当時は皆で早く「全」になろうというZQN特有の気持ちも宿っていたとしてもおかしくないと思うんだ。


まあ、姉妹のやり取りを見た直後ということもあり、ヒデオが小田さん側につくのも致し方ないか。








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation