fatezero01 先月、「Fate/stay night」をクリアしてからというもの、切嗣の話や第四次聖杯戦争のことが気になってしまったので、本書を手に取ってみることにしてみた。

個人的にアニメ等はあまり興味がないので、漫画版があって良かったかも。たぶんアニメ版よりも端折られたりする部分もあるのだろうけど、大局的な内容が分かればそれでいいかなという塩梅。

SNにおける好々爺な切嗣ではなく、冷血漢としての切嗣を知る一助になればそれでよし。でも、実際には冷血漢というほど人間味がないわけではなく、逆に人間過ぎたために様々な苦悩を抱えている人物っぽい。

【スポンサードリンク】


で、そんな切嗣がアインツベルンに招聘されたマスターとしてセイバーを召喚するわけだけど、ここでマスターと英霊の相性問題というものを考えさせられてしまう。

なぜ、「およそ僕くらい騎士道なんてものと程遠いところにいる男はいない」と称する切嗣が騎士王を召喚できたのか。英霊って、どこかしたらマスターに似た者が召喚されるんじゃなかったの? という疑問が頭によぎるものだ。

完璧な依り代さえあれば、有無を言わさず目当ての英霊が出てくるのか、はたまた切嗣とセイバーとの間に似た部分が少なからずあるものなのか、その辺が非常に気になる。


ま、お互い大事を成すために人間らしい感情を切り捨てているという繋がりはあるものの、そんな頑固者同士が相性がよくなるわけがないわけで……。やっぱり、「似た者=同族嫌悪」になりがちなのかもしれないなぁ、いやはや。

(この両者の相性の悪さは、騎士王が女性だったという点でも色々と思うところがあるらしいけど)


★遠坂父&10年前の言峰が登場!
それから、遠坂父&10年前の言峰が登場! なにやら遠坂父のサーヴァントがギルガメッシュだったようで、その点にも驚かされる。そのうち言峰の方に鞍替えすることなるということ?

SNでも言峰が遠坂父を○○したとはっきり言及していることだし、現状2人は良好な関係性に見えるけれどそのうち変わっていってしまうということか。今後、その辺がどのように変遷していくのかも楽しみかもしれない。

ちなみに、言峰のサーヴァントはアサシンとのことで、妙にぴったりな気がするものだ。


★気風のいいオッサン、イスカンダル
続いて、ライダークラスのサーヴァントである征服王イスカンダルも登場! 一応、ネットでキャラだけは見たことがあったんだけど、まさかコメディ要員っぽさのある人物だとは思いもよらなかった。

本人はいたって真面目なのだろうものの、今昔の価値観の違いによって少し滑稽に見えてくるのが良いのか悪いのか。でも、気風のいいオッサンという感じで良いキャラしてますわ。とはいえ、実際のイスカンダルは32歳で亡くなっているのから、オッサンといったら怒られそうではあるけれど。


で、物語の方は、アイリスフィール(切嗣の妻)とセイバーが冬木市に到着し、さっそくランサーっぽい相手と対峙したところまで進行。さっそく第四次聖杯戦争のはじまりはじまり。




Fate/Zero(1) (角川コミックス・エース)
Posted at 2018.1.5
真じろう, 虚淵玄(ニトロプラス)/TYPE-MOON
KADOKAWA / 角川書店


Vita「Fate/stay night」プレイ感想(1)、沸点低すぎな凛&思いのほか戦闘シーンに迫力がある(プロローグ)





Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation