真月譚 月姫02 前巻ラストあたりに出てきた謎のシスターは誰なのだろう? とか思っていたものだけど、本巻の表紙絵でシエル先輩が思いっきり「黒鍵」を持っていて驚愕! なるほど彼女がそうだったのかー、メガネを外しているから全く分からなかったよ。

というか、これってある種ネタバレなんじゃないの? 劇中ではその辺のところ全く語られていないわけだしねぇ。こういうセルフネタバレみたいなやつ、あんまり好きじゃないんですが、個人的に。

Fate/stay night」とかでも、ゲーム本編OPムービーで普通にネタバレしてきたりするし、タイプムーンという会社はそういう体質なのかなという疑念が無きにしも非ず。

【スポンサードリンク】


ま、そんなことはさておき、今回は前回から引き続き敵吸血鬼であるネロとの戦いが中心に描かれておりました。

Fateみたいに対人戦という感じではなく、ほんと怪物相手に戦っている感じなので、戦闘が大味に感じるのも否めない? 絵面も自ずとゴチャゴチャしてくるので、そういう印象を持つのも仕方ないか。

今のところ駆け引きもあまりなく、やるかやられるかというバランスになっている模様。たぶん、「ピンチ → 逆転 → ピンチ → 逆転」というのを繰り返す感じになっちゃうのかなぁ? 早く力が拮抗した敵さんをプリーズ。


★主人公がいきなり強くなっちゃうと中二感がものすごい
そんな中で、主人公・志貴が過去の事象を少し思い出したかと思えば、「殺意の波動に目覚めた○○○」みたく急に覚醒! 死にやすい「線」ならびに、死そのものの「点」まで視えるようになったようで、完全に無双状態に!

いやぁ~、ちょっと強すぎませんかね? まだ2巻ですよ?? やっぱり、主人公がいきなり強くなっちゃうと中二感がものすごいことになるな……。Fateの士郎なんかは、強くなるまでの過程がしっかり描かれていたから良かったんだと思う。


まあ、まだ志貴のバックボーンにも謎が多いので、そのうち色々と真実が判明したら強さにも納得がいくのでしょう、当然ながら。8年前の交通事故もどうやらフェイクっぽいし、一体過去に何があったのやら気になって仕方がない。

また殺されるつもりか? 一度殺サレタッテイウノニ―――

8年前、実家の広場にて誰に殺されたというのか、志貴は。まだその頃は「魔眼」を有していたわけじゃないんでしょ? なぜ彼が狙われて(?)しまったのかが理解不能ですな。でも、遠野という家系自体がミステリアスなので、色々あっても不思議じゃないか。


それにしても、秋葉の死の「点」が右胸にあるのは何かの伏線なのかな?





教会の代行者っぽい存在が出てくるなど翻弄されまくり「真月譚 月姫 1巻」(佐々木少年)

マスターと英霊の相性問題を考えさせられてしまう「Fate/Zero 1巻」(真じろう)








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation