ドロヘドロ 22巻 アス(川尻)の魔法で空間転移し、ひとまずニカイドウ・カイマンと3人でホールの体内から「黒い家」の中へ退避できた模様。すでに家自体が廃物湖から浮上しているので、ようやく地上へ帰還できたというわけか。

やっと一息付ける……ということもなく、すでに「ホールくん」(チダルマ命名)が魔法使い狩りを始めちゃっているから、どうにかするよりほかないわけで……。

このホールくんて魔法使いしか襲わないこともあり、「もしや人間サイドから見たら無害なのか?」と一瞬思ったものだけど、いまだ人間をゾンビ化して捨て駒に使ったりもするので害悪以外の何物でもなかったらしい(武器がフォークとナイフなのは憎めないけれど)

【スポンサードリンク】


ちなみに、ホールくんによる「魔法使いのキライなところ」は以下のとおり。


その1、ケムリを出す穴が気持ち悪い。
その2、ケムリのニオイが気持ち悪い。
その3、マスクはフケツだ。洗濯してるのか。
その4、ホウキにまたがってばかまるだし。
その5、ジュータンに乗るとか信じられない。


ホールくんて、意外と言葉を喋れるのか!? てっきり、「魔法使いは殺す」くらいしか喋れないと思っていたので、そちらにも驚かされてしまった(時間経過で知能が成長してたり?)

そして、その「キライなところ」の内容が微笑ましくて、ほんと良いキャラしてるわぁ。確かにあのマスクを洗濯しているのかが、少し気になってしまう。まあ、魔法を使って綺麗にできちゃう人もいるのだろうけど。


ついに、ニカイドウとホールくんがバトル!
で、「ヤツを倒せばすべてが終わる。待ってろ。戻ってきたらまたギョーザを作ってやるから」という、やけに生活感が溢れているけど妙にかっこよく聞こえるセリフを残して、ついにニカイドウとホールくんがバトル!

うん、なんというか、割と普通に戦えてるというか、むしろニカイドウの方が圧倒している!? 体がデカすぎて(身長4m29cm)動きが遅いから、あんまり強くないじゃないか、ホールくん。

でも、こんなアッサリってことはないよねぇ? とか思っていると、案の定「ホールの雨」を降らせてニカイドウがピンチに陥ってしまう……。


さらに、ホールくんがニカイドウの「魔法のボックス」を使って、「ストアの包丁」まで奪ってしまい一気に形勢逆転してしまった。てか、時間魔法の使い方って分かるのかなぁ?(座標軸が云々) 別にニカイドウの悪魔腫瘍を奪ったわけじゃないのに、その辺がちょっと解せないものだわ。

(で、ニカイドウの魔法は残機ゼロ、悪魔化も終了、ついでにアスと2人で首をはねられてしまった)


カイマンが「魔法使い」になっちゃった
もはや、完全なる絶望的状況、ここから物事を好転させられる要因なんて1つでもあるの!? 非常に厳しいでしょう……。

と思っていたら、まさかの元悪魔たちによる魔法の合作でカイマンを強化!! 彼を人間から「魔法使い」にしちゃったらしい。え、その程度で強くなった感じなの? そもそもホールくんて魔法が効かないんじゃなかったっけ?(完全体になる前は効かなかったけど、ホールくんになって効くようになってるのか?)


いやぁ~、一体、カイマンは何の魔法が使えるようになったのやら、まさにその能力に命運が掛かっている。ま、元々魔法使いになりたい願望もあったわけだし、カイマンが魔法で決着を付けるという展開もなかなかアツいのかもしれないね。




ドロヘドロ (22) (BIC COMICS IKKI)
林田 球
小学館 (2017-06-30)
売り上げランキング: 41,832


まさかの“終わりの始まり”(完全体ホール?)「ドロヘドロ 21巻」(林田球)

黒幕の正体がついに判明!(タイトルも回収)「ドロヘドロ 20巻」(林田球)








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation