化物語 大暮維人
今更ながら、漫画版「化物語」を読んでみた

原作はリアルタイムで手に取って、「傷物語」で早々に見切りを付けた思い出。個人的に、アクション要素が強い作品を小説で読むとそこまで面白く感じないから仕方がない。

当時、西尾維新作品は「戯言シリーズ」が好きで読んでいて、その延長で「化物語」に進んでいったけど、どうにも合わなかった記憶がある。ま、戯言シリーズも後半に行くにつれ、ミステリよりアクション色が濃くなっていった気がするけども。

(てか、戯言シリーズはコミカライズされないんだろうか? そっちの方が読んでみたい)

【スポンサードリンク】


で、今回なんとなく気まぐれに漫画版を読んでみたら、それなりに面白かったです、うん。やっぱり、アクション系は絵があるとないとでは面白さが雲泥の差ですな、言わずもがな。

自分はアニメは見ないタイプなので、新鮮味も感じつつ読み進めたわけで。なんだかんだ大暮さんは絵が上手い! キャラクターは頭身が高めに描かれているというのも自分好みで良かったかも。

(そういえば、大暮さんて舞城王太郎原作の漫画も描いてたけど、あれはどうなったのだろう?)




感想を書きにくいのが玉に瑕
しかしながら、ストーリー的にはそれほど紆余曲折していることもなく、プロットにしてみたらすごく短い物になりそうなので、ちょっと感想を書きにくいのが玉に瑕かもしれない。

今のところ「女の子が可愛い♪」くらいしか書きようがないんだよな……

実際問題、「会話が楽しい、女の子が可愛い、微エ口」あたりを楽しむだけな作品のようにも思えるし、上記のような感想で正解な気がしないでもないや、なんとなく。

まあ、原作の方は色々とシリーズが続いているようなので、ストーリー的にも込み入ったものになっているのでしょう、たぶん。


あと、どうでもいいけど、原作を読んでいた当時は、忍野さんのことを小太りなオヤジというイメージで読んでいた記憶があるのに、まさかあんなちょい悪オヤジ(死語)風な見た目だとは思いもよらなかったものだわ……。

現状、美男美女しか出てこないので、忍野さんくらいは普通のおっさん風情(小汚い)でも良かったのでは? でも、大暮さんの絵柄だと普通のおっさんでも小奇麗な感じになりそうな予感しかしない。。


化物語(1) (KCデラックス)
大暮 維人
講談社 (2018-06-15)
売り上げランキング: 31,237


殺すだの魔だの頭おかしいぜテメェら「天上天下」(大暮維人)








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation