ふしげん01 引き続き、「綿月バニーランド」のアトラクションを攻略しております。
順番通りに進めていって、今回は「ダンジョンウィズザセンス」というダンジョン。

全ての敵がステルス状態になっているので、非常にやっかいだった。
どこから攻撃を受けてるか分からないと、ここまで難易度が上がるのか! といった塩梅。

普通に低層でやられちゃうし、ピンチどころじゃないぞこれ……。

【スポンサードリンク】


でも、何度かチャレンジしているうちに、1階で“しあわせのにんじん”を手に入れ少し安定。

良い装備が手に入らず、中盤以降は敵からの攻撃も厳しかったけれど、
38階くらいから階段を即降りして何とかクリアしました。若干ゴリ押しチックだったかも。


続いて、「シルバーハウス」というダンジョン。
ふしげん02 またしても、毎フロア必ず“百鬼夜行”があるという怖ろしいところ。
しかし、持ち込み可なダンジョンなので問題ないのでは? と思ってたら普通に問題なかった。

終盤になると開幕百鬼ラッシュになったりもするけれど、こちらの火力で圧倒。
一応、「夢想封印」を6個くらい持っていっていたというのに、使う必要がなくて拍子抜けです。


それから、「綿月の修練場・出張所」というダンジョン。
ふしげん03 なにやら、「博麗神社の古井戸」のアイテム持ち込み可Ver.といった感じらしい。

持ち込み可とはいえ、99階まであると厳しそうだなぁと思ってたら、思いのほかサクサク。
本家の古井戸と違ってパートナーも連れて行けるし、そりゃあサクサクになるわけだ。

道中、「桃の実」を3つもGETしてしまったので、装備も変更。
やっぱり、高難易度ダンジョンの方が、良い装備品のドロップ率も高いのだろうね。

というわけで、3時間半掛かって99階を踏破!(サクサクだけど物理的に時間は掛かる)


あと、おまけとして、シレンジャーとして有名な伊集院光の動画を紹介しておきます。
(本作をプレイしていたら、以前見たこの動画のことを思い出してしまったので)

伊集院光さんに風来のシレンについて伺いました



「どっかでやられたら、また1からやり直し。
 これはもう、地下1階からやり直しで、しかも上がってたレベルも1からやり直し。

 これは他のRPGじゃ有り得ないことなんですけど、実はレベルは上がってるんです。
 これはねぇ、俺のレベルが上がってるんです


結局、ローグライクゲームって、上に引用した部分を実感出来るか出来ないか、
そこに面白味を感じるか感じないかで、人を選んでしまっているところがあるのでしょう。

一歩一歩のシビアさ、ヒリヒリした緊張感、それらを見出せたら一気にハマること請け合い。
僕自身も“ふしげん”を手に取って、ようやくローグライクの面白さが分かったように思う。

UIの快適さもものすごく重要。ふしげんはその辺も取っ付き易さがあるんじゃなかろうか。






Vita「不思議の幻想郷TOD」プレイ感想(11)、初心者にはあまりに鬼畜な“WATATUKIサイクロン”(運要素が強いバニーランド)

Vita「不思議の幻想郷TOD」プレイ感想(10)、“華扇の最終試練”をクリア!30階まで到達してしまえば残りは比較的楽だったかも








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation