ドラクエ6ロゴ 夢の世界のムドーを撃破し、返す刀で現実世界のムドーも撃破したわけだけど、
主人公らはムドーの術に掛かって“心だけ”が夢の世界に飛ばされていたことが判明。

それで現実世界では身体が透明になっていたわけか、合点がいきました。
(しかし、脳ミソは現実世界にあって、心だけで色々と思考が出来る状態が謎過ぎる

そんな中で、ミレーユが「あの時のように」と、以前魔王城に行ったのを覚えているらしく、
心だけだと以前の記憶は失っているはずなのに、この辺が少し頭が混乱しそうになってしまう。

【スポンサードリンク】


彼女の姿が見えるのはお婆さんのおかげで、身体を取り戻しているわけではないんだよねぇ?
主人公らと出会う前に1人で身体を取り戻すことが出来たのか、一体どういうことなのやら。


★自由度を取るかストーリー性を取るか
という感じで、記憶を取り戻すため(?)現実世界で身体を探す旅に出る主人公一行。
ここから船で色んな場所に行けるようになるので、一気に自由度が上がる感じだろうか。

でも、それに伴い、“おつかいストーリー”色も濃くなってくるから何とも言えません。
本筋のストーリーがおざなりに見えてしまうのが、ちょっと残念でならない。


自由度を取るかストーリー性を取るか、という究極の問題が浮き上がってくる感じですな。

個人的には、一本道でもいいからストーリー性を重視して欲しい派ということもあり、
陳腐なおつかいが続いてしまうと、早い段階で萎えてきちゃうんだよね……。


★おつかいストーリー → クエスト
最近のゲームなんかだと、おつかいは本筋のストーリーとは別に
“クエスト”という形になっているから、ある意味割り切って遊べるのが良いところだと思う。

やっぱり昔のゲームともなると、その辺が全て一緒くたにされちゃってるのが悲しいものだ。
まあ、堀井雄二さんにとっては、おつかいも本筋の一部だと解釈しているのだろうけど。


そんなこんなで、現在テリーとの初対面イベントが終わったところまで進行中。
4年前に挫折した時よりも、早い段階で挫折しそうな感じですわ……。




アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVI 幻の大地
スクウェア・エニックス (2011-02-03)
売り上げランキング: 537


DS「ドラゴンクエスト6」プレイ感想(1)、冒頭からミステリーチックで興味深い





Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation