ポケモンBW2 「パーティは、可愛い動物系のポケモンで組んでいきたい!」とか思いつつ進めているんだけど、
それが大体においてノーマルタイプだったりするのが何とも言えないものだ。

ノーマルタイプ(の技)だと弱点を突いていけないから使いづらいったらないんだよね……。
でも、逆に弱点を突かれづらいというメリットもあるっちゃあるので、どうしたものやら。

やっぱり、ノーマルを育成するくらいなら、その枠で他のタイプを育成した方がいいんじゃない?
とか思ったり、1匹くらいノーマルがいてもいいのでは? という考えがない交ぜになって大変です。

【スポンサードリンク】


でも、ノーマルタイプのポケモンでも、属性付きの技をレベルアップで覚えたり、
後から「わざマシン」で追加することも出来るようだから、別に使えないこともない模様。

無闇に技を追加していたら、そのポケモン自身の個性が思いっきり薄れていってしまうけれど、
戦力にしていくには止むを得ないことなのかもしれない、そんな気がする。

(上記のようなことも出来るから、ノーマルオンリーの縛りプレイでも普通に完走は出来そうだ)


★本筋ストーリーとは関係ないダンジョンが点在
それにしても、ちょこちょこと本筋ストーリーとは関係ないダンジョンが点在しているようで、
ポケモンの育成がてらそちらを探索していくのもなんだかんだで楽しいものだわ。

さくさくとジム戦だけこなして最短でクリアを目指すことも出来るし、やり込みも出来る。
プレイヤーのスタンスで両方を選んでいけるというのは良いことかもしれないですな、うん。

(でも、初見プレイで最短を目指して遊ぶ人も結構少ないとは思うけれど)


自分としては「生息地リスト」も埋めていきたい派なので、ちょいちょい寄り道をしてしまう。
しかし、遭遇率の低いポケモンも少なくないみたいだから、リスト埋めも骨が折れるぜ、まったく。

全部を捕まえるつもりは毛頭なくて、エンカ出来ればそれでOKなのになかなか出会えない辛さ。
出来れば生息地ごとに、「残り何匹」とか表示されてると気持ち的に多少楽になるのになぁ……。

(「なみのり」を覚えたことで、リスト埋めがさらに大変になってまいりました)

とはいえ、新しい場所に行くごとに、次はどんなポケモンがいるのかワクワク感があるんだよね。
まだ見ぬポケモンとの出会い」、それがあるからこそモチベが保てているのでしょう、たぶん。


そんなこんなで、現在ジムバッジを6つ手に入れたところまで進行中。
ジムリーダーよりも、何を出してくるか分からない野良トレーナーの方が怖い今日この頃。






DS「ポケモンブラック2」プレイ感想(2)、エンカ率の高いダンジョンに驚かされる&ストーリーの薄さを段々好意的に捉えられるようになってきた

DS「ポケモンブラック2」プレイ感想(1)、今更ながら人生初ポケモン!可愛いが溢れている世界観が素晴らしい







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation