ポケモンBW2 う~む、なんだか弱点をついた時のダメージ量が大き過ぎて戦闘が大味に感じてまいりました。
敵を一撃で倒せちゃうことも日常茶飯事だし、何とも言えないバランスだなぁ……。

相手のHPゲージがぐーーーんと下がっていく様はスカッとするけど、逆にやられると結構辛い。
あんまりダメージが入らないのもあれだけど、入りすぎちゃうのも考え物な気がしてしまう。

ザコ戦ならまだしも、野良トレーナー戦やジム戦でもこんな感じなので、
バフデバフの駆け引きではなく、弱点をつくかつかないかの方が最重要って感じですな。

【スポンサードリンク】


ジム戦なんかだと、初めて見るポケモンと戦うことが多いから、
相手の弱点を探っているうちに、こちらが弱点をつかれて壊滅なんてことも有り得る切なさよ。

FFで言うところのライブラなどがあればいいんだけど、
「ポケモン」だと一度捕まえてみないことにはタイプが図鑑に登録されないからねぇ。

基本的に、弱点は手探りで見付けていかないといけない、なかなかのストイックさではある。
(その上、戦闘中では図鑑の確認も出来ないので、プレイヤーの記憶力が試されている!)


★主人公がビックリするくらい空気のような存在
どうでもいい話だけど、よくよく考えたら主人公が全然喋らないことに気づいてしまった。
戦闘時にポケモンを切り替える時くらいかな? ビックリするくらい空気のような存在。

あくまでもプレイヤーの投影ということで喋らせない??
でも、もうちょっと存在感を出していってもいいんじゃなかろうか、そう思えてならない。

ドラクエなんかも主人公は喋らないけど、あちらは「勇者」というクラス的な特別感があるからなぁ。
本作の主人公は1人旅ということもあり、仲間という比較対象もいないから余計に存在が薄く感じる。

ま、ポケモンが真の主人公だと思って遊ぶのが一番しっくりくるのでしょう、言うまでもなく。
(ストーリーを楽しむ系のゲームでもないし、フラグを立てるための駒でしかないのかも、主人公は)


★プラズマ団との戦いがなかなかキツかった
それにしても、バッジを8つGETしたあとのプラズマ団との戦いがなかなかキツかったものだ。
アクロマさんも強かったけど、ゲーチス戦がほんとに激闘だったかも。

ここで初めて見るポケモンばかりだったし、弱点が分からなくて撃沈されまくりで大変過ぎる。
やり直しはしたくないから、回復アイテムを惜しみなく使ってなんとか初見で倒したけども。

(現時点でのパーティは、エモンガ、エルフーン、ランプラー、スワンナ、ミミロップ)


ということで、プラズム団は壊滅したことだしエンディングかな? と思ったらまだ続くんかい!
ちょっともう戦闘ばかりという感じなので、ダレてきたのは否めないかもしれない。




DS「ポケモンブラック2」プレイ感想(3)、本筋ストーリーとは関係ないダンジョンが点在(寄り道)&まだ見ぬポケモンとの出会いがモチベになる?

DS「ポケモンブラック2」プレイ感想(2)、エンカ率の高いダンジョンに驚かされる&ストーリーの薄さを段々好意的に捉えられるようになってきた







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation