ねぷりば01
なんだか第8章は割とあっという間に終わってしまい、ちょっと拍子抜けしてしまった。

ダンジョンにてアクダイジーンさんとイエローハートを続けて撃破したら、それで終了。
Wikiを確認したらこの章でルート分岐をするらしいので、その影響があったのかもしれない。

ここまで短いと、取り返しの付かないやり残しとかなかったかが気になってしまうものだ。

【スポンサードリンク】


でもまあ、「ネプテューヌ」という作品はそこまで必死になってやるようなゲームでもないし、
やり残しとか考えず、気軽に楽しむ方が良いような気がしないこともないです。

(でも、楽しみ方は人それぞれ違ってしかるべきだけどね)


ま、そんなこんなで、ようやくピーシェの記憶を取り戻すことに成功! 良かった良かった。
ねぷりば02
コンパのお注射だとか、アイエフの「自分だけの設定資料集」という黒歴史の朗読など、
あらゆる手を使って過去の記憶を思い出させようと奮闘。

そして、プルルートのぬいぐるみやらピーシェ自身が描いた絵を見せるなどして、
完全に思い出すことが出来たわけだけど、この辺の話の流れはほんと涙腺がやられてしまう。


まさに絆の力の成せる業だとしか言いようがない。

いくら外的な力で記憶操作(記憶喪失に)されようとも、
やっぱり深層心理の部分では“家族”というものを忘れようがないものだよね、いい話や。


そして、束の間の家族団らん、という風景。
なんだか、このままエンディングに突入してもいいような雰囲気に見えて仕方がない。
ねぷりば03
でも、そもそもネプテューヌ&ネプギアが元の次元に帰ることが第一の目的だったりするので、
彼女らもそこへ向けてもう一頑張りしないといけないですな。


あと、なにやらすっかりその存在を忘れていたクロワールも再登場してきたことだし、
これからまたまた一波乱有りそうな予感しかしないものだ。
ねぷりば04
ま、もうクライマックスという感じだろうから、一波乱有るのは間違いないのだろうけど。


それにしても、以前ネプテューヌVはストーリーが微妙だと聞いたりしていたものの、
なんだかんだで個人的には楽しめている感じです(リメイク作だけど)

やっぱりねぷねぷという強力なボケ役は偉大ですな。






Vita「神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3」プレイ感想(8)、劇中では実質何年くらい経ったのだろう?& 新たな女神の正体が……

Vita「神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3」プレイ感想(7)、あのクリーチャー達に衝撃の事実が!そして新たな女神登場








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation