ロマサガ01 「ひぐらし」の合間にチマチマ進めてて、この度ユリアンでクリアしました(引継ぎなし2周目)

本作って、時限イベントはほとんどないし、1周目で大体のイベントは体験出来ちゃうので、2周目と言ってもちょっと感想が書きにくいのが玉に瑕かもしれない。

とはいえ、遊んでる分には非常に楽しいんだよね、これが。GBAのFEみたいにシンプルイズベスト!(ま、両者ともにレトロゲーだし) それこそ、周回や縛りプレイを念頭にすると、これくらいストーリーはあっさり目で良かったのかもと思えてくる。


【スポンサードリンク】


ま、ストーリーが良いに越したことはないんだけど、結局定期的に遊びたくなるゲームというのは、システム的に面白い&飽きにくいものだと個人的には思うので、本作くらいが丁度いい気がするね。


そんな中、リマスター版になって「引継ぎ」要素が追加されたから、定期的に遊ぶというよりかは、1つのデータをとにかく「やり込む」という人も少なくないのかもしれない、なんとなく。

でも、ロマサガ・シリーズに限っては、「やり込み」とそんなに相性は良くないのでは!? と思えてならないんだけどなぁ。だって、引き継げば引き継ぐほどに技も覚えきったデータになることだし、「閃き」自体がなくなってしまう。

ロマサガの醍醐味は、閃きの「ピコーン!」だと言っても過言ではないでしょう。それが体験出来なくなるだなんて、そんなのサガじゃねぇ……。


あと、「引継ぎ」だと装備のやり繰りもなくなるのが何とも言えない。個人的には、限られたリソースの中であれこれするのが好きだら、やはり「やり込み」は自分に合わないのかも(逆に「縛り」は好き)


ちなみに、今回の最終パーティは以下のような感じになりました。
ロマサガ02 前回、「体術・長剣・斧・槍・術」で進めたので、今回は「体術・大剣・小剣・棍棒・弓」というパーティで進行! これで一応、武器に関しては全種類使ってみたことになるのかな?

やっぱり、1周目と武器種がガラッと違ってくると、かなり新鮮に遊べるのがなんだかんだで良いものだ。キャラも1周目と被らないようにしたし、それだけ選択肢があるのは有難いですな。


ただ、ぞうさんを体術要員にしてみたら、思いのほか弱くてビックリだったかも。体術は「素早さ」も火力に加味されていくようで、鈍足ぞうさんはしばらく戦力にならなかったのが結構辛かった。

体術レベルが25くらいまで上がって、ようやく火力が出てきたかな? という塩梅。ま、ラスボス戦までにはそこそこ強くはなったけど、1周目で体術を使わせたカタリナには遠く及ばなかったものだ。


てなわけで、約21時間でクリア!(ユリアン・引継ぎなし2周目)
ロマサガ03 今回のプレイでは、平均HPも800以上はあったので、比較的安定して四魔貴族(真)もラスボスも戦えたような気がする。

1周目の平均HPは700くらいだったと思うので、やっぱり100も違うと全然戦いやすさも違ったんじゃなかろうかと(でも、「杖」が3本もあれば、どうとでもなりそうだけどね)


そして、ユリアンは男爵に任ぜられ、モニカと結婚エンド! 良かった良かった。


Romancing SaGa3 Original Soundtrack-REMASTER-
ゲーム・ミュージック
SMD itaku (music) (2014-08-20)
売り上げランキング: 6,318


Vita「ロマンシング サガ3」感想(8)、カタリナでクリア!しばし“暗闇の迷宮”で育成してからラスダンへ(ボスより四魔貴族の方が強かったかも)

Vita「ロマンシング サガ3」感想(7)、ビューネイには苦戦したけど、フォルネウスは思いのほかアッサリと撃破!








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation