戦国01
今回は、石田三成がメインキャラとなっている「理想の章」をプレイしました。

三成以外に、秀吉の子飼いである加藤清正&福島正則らも当然ながら出演。
彼らの人間関係の変遷のようなものが主に描かれていたという感じだったかも。

素直になれない、そして不器用な三成。
彼の頑なな心を誰が氷解していくのか? その辺がなかなか興味深かった。

【スポンサードリンク】


で、三成がメインということもあり、毎回必ず彼を使用しないといけないわけだけど、
相変わらず微妙に使いづらいキャラクターですな……。

戦国4では、ほとんど前に進んでくれない神速攻撃に辟易したものです。
戦国02
一応、4-2になって彼の神速攻撃も多少進化したように見受けられるものの、
それでもやっぱり他のキャラに比べて使い勝手が悪く感じるものだ。

ま、史実的には頭脳労働派だったみたいなので、戦闘が下手でもしょうがないのかもしれない。


それにしても、戦国4をプレイした限りでは、清正や正則らと結構仲が良いと思っていたのに、
まさか「三成襲撃事件」なるストーリーが描かれることになるとは驚きでした。

実は子飼い同士で仲が悪かったの? と思い、ネットで調べてみたら、
普通に仲が悪いことで有名だったみたいですな、ちょっぴり衝撃だったかも。
戦国03
あたしがぎゅーって抱きしめてあげよっか?」とか言っていたというのに。

ほんとは、もっとギスギスした関係だったとはね……。
ゲームではずいぶんとマイルドな感じに描かれていたというわけか、なるほど。


そんな中で、三成の支えてなってくれたのが島左近という存在。
戦国4ではそこまで丁寧に描かれてなかったキャラだったので、ちょっと意外だったなぁ。
戦国04
まさか「関ヶ原の戦い」後に逃走した三成を、追っ手から助けくれるとはかなりの衝撃!
ここでifストーリーになるとは思いもよらなかったものだ。

なんだか、やけに左近がカッコよく描かれた章だったように思う、良いキャラですな。


あと、今回の章では立花ぎん千代さんも使用できるんだけど、ほんと使いやすいったらないね。
戦国05
三成と比べるのもあれだけど、神速攻撃の爽快感が素晴らしいとしか言いようがない。




戦国無双4-II
戦国無双4-II
posted with amazlet at 15.02.13
コーエーテクモゲームス (2015-02-11)
売り上げランキング: 148


Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(4)、小少将と孫市のラブストーリー&すでに○○は死んでいた?

Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(3)、相変わらず松永久秀の“小物臭”が素晴らしい!そしてまさかのifストーリー






Pocket

One Thought on “Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(5)、秀吉の子飼い同士で仲が悪かった?&島左近がカッコイイ!

  1. 朽磨呂 on 2015/05/14 at 18:18 said:

    2、3での左近を取り戻した感じですよね。4の左近は吉継が出てきたせいで出番取られ気味だったので(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation