戦国01
今回は、片倉小十郎がメインキャラとなっている「主従の章」をプレイしました。

正直、前作を遊んだ限りでは東北勢やら九州勢って地味なイメージがあったんだけど、
本作では冒頭から新エピソードが追加されていたので、なかなか引き付けられたような気がする。

まさか政宗の右目を切り取るシーンを描くとは思いもよらなかったものだ。

【スポンサードリンク】


しかし、このエピソードって幼少期のことだったんじゃないの? そう認識していたんだけど。
本作では政宗が初陣する直前に行われたようになっているので、かなりの違和感ですな。

でも、そもそもこの右目切り取りが実際にあったかどうかは定かではないみたいなので、
別に脚色されていても悪くはないのだろうね、そんな気がする。


以上のようなことがあって、小十郎に“政宗の右目を奪った男”という二つ名がつくことに。
なおかつ、その事実に関して罪の意識を感じてしまっている始末。え、なんでなんで??
戦国01
別に罪でも何でもないでしょうに。病気になってしまった目を切り取っただけなんだから。
おまけに、政宗の方から頼んできたわけだし、なぜそんな精神状態になっているのやら理解不能。

割とメンタルが弱いキャラなのだろうか? 知略に長けた人物なだけに驚きです。
普段は従順ではあるもののちょっと生意気発言もあるだけに、意外な側面があるものだ。


そんな小十郎を秀吉も高く評価していたらしく、5万石で家臣にと誘われることに。
戦国03
これは実際にあったのことなのかなぁと思いネット検索してみたら、事実みたいですな。

島左近を登用した頃の石田三成の俸禄が4万石だったと思うので、
それ以上の才能と認めていたというわけか、なんかスゴイとしか言いようがない。

でも、両者の時系列をよく知らないので、単純に比較するのもあれだけど。


ま、そんなこんなで、この章のエンディング。
真田幸村と小十郎の2ショットというのも初めて見た気がするものだ。
戦国04
ここで小十郎がトレードマークであるメガネをわざわざ外して戦場に突っ込んでいくんだけど、
なんでそんなことをしちゃったのだろう? これまた理解不能でありました。

伊達勢だからと言って、まさか“伊達メガネ”だったわけではないだろうし、
いきなりなぜ珍妙なことをしてしまったのやら、ほんと驚きだったかも。

戦国05
あと、関係ないけど雪だるまが結構カワイイ!




戦国無双4-II コンプリートガイド 上
光栄
売り上げランキング: 1,376


Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(6)、大谷吉継というキャラは煩悩がないように見える&パンダ(DLC)が可愛い!

Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(5)、秀吉の子飼い同士で仲が悪かった?&島左近がカッコイイ!






Pocket

2 Thoughts on “Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(7)、片倉小十郎って割とメンタルが弱いのだろうか?そして伊達メガネ

  1. 匿名 on 2015/07/16 at 19:44 said:

    伊達メガネの由来はマジで伊達家ですよ
    伊達家の家来たちが 西洋に「目を良くするもの」を探して 入手したメガネがファッションとして流行ったらしいです

    • 管理人 on 2015/07/16 at 23:15 said:

      >匿名さん

      へぇ~、これは勉強になります。メガネを実用的に扱っていただけでなく、
      ファッションとして利用し始めたのが伊達家なわけですかぁ、これはスゴイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation