戦国01
今回は、藤堂高虎がメインキャラとなっている「忠節の章」をプレイしました。

忠節を尽くす、功を立てる、それらに強いこだわりを持っていた高虎。
にもかかわらず、かなり主君運がなかった感じだったのだなぁ。

何度も主君を変えたことで有名な戦国武将のようだけど、
転々とするからこそ、「次の主こそは!」という強い想いも持っていたのでしょう。

【スポンサードリンク】


とはいえ、「織田には降らぬ!」と言っておきながら、信長の甥の家臣になっちゃうとは……。
その後、秀吉の弟に仕えることになるというのにも、ちょっと驚いてしまった。
戦国02
両者共に、最初の主君である浅井長政の仇の親族なんだもんなぁ。
一体、忠節とはなんぞや? と思わなくもない。

もう前の主君のことは忘れて、現在の主に誠意を持って仕えるというスタンスだったのかも。
まあ、その方が武将としては正しい姿勢のような気もするけどね。


そんな中で、本作の高虎は、浅井長政の元妻であるお市に対しても強いこだわりがあった模様。
何度主君が変わろうとも、彼女に対する想いは変わらずだったみたいですな。
戦国03
想いと言っても変な想いではなく、母としてお市を慕っていたとのこと。
ゲーム上ではよく分らないんだけど、親子ほどの年齢差があったということなんだろうか?

ネットで調べてみたら、お市1547年生まれ、高虎1556年生まれということで、
9歳ほどの違いだったらしい。そのくらいの差で母として慕われるのもあれですな……。


そして、お市の遺言として「己の生き方に誇を持て」という言葉を貰った高虎。
そこから“生きる”ということにも強いこだわりを持つに至る。

前作・戦国4でも、やけに戦から生還することに信念を持っていたかと思えば、
こういったエピソードが隠されていたわけか、なるほどね。


というわけで、「関ヶ原の戦い」にて友である大谷吉継を撃破してエンディング。
戦国04
なんだか今回のシナリオは、主人公である高虎の前から
主君、母、友がどんどんいなくなってしまう流れになっているので、ちょっと切ないですな。

結局、最後は一人ぼっちなのかよと、吉継の墓標を見つつ感慨に耽ってしまう。


あと、ちょっとばかし「無限城」をやってみました。
戦国05
適当にエディット武将を作ってプレイしてみたけれど、やっぱり単調だなぁ。
なんだかんだで前作「流浪演舞」の方が楽しかったような気がする。




戦国無双4-II コンプリートガイド 上
光栄
売り上げランキング: 1,376


Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(11)、北条カラーの早川殿&甲斐姫も死なずに終わって良かった

Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(10)、島津豊久のシナリオは“バトル漫画”的な展開&きれいな顔してるだろ(以下略)






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation