エンパ01
今回、エディット武将製作を頑張ってみた。

正直、自分でエディット・キャラを操作するのはそんなに面白いと感じないんだけど、
自作キャラが敵として出て来てくれたら結構アツいので作ってみることに。

在野に放つ、ただそれだけのためのエディット武将製作。
こういう遊び方をする人ってやっぱり少数派なんだろうなぁ、そんな気がする。

【スポンサードリンク】


で、上に貼ったスクショは、「タクティクスオウガ」のアロセールさんをモデルにしたもの。
もうちょっと狩人的な服装にしたかったんだけど、そんなパーツはないので仕方がない。

基本的に、戦国無双シリーズはエディット・パーツ自体が三国より少ないようなので、
そこはもう脳内補完でやっていくしかないものだ。

でも、個人的には、あんまりパーツなどの選択肢が多すぎて
選ぶのが大変ということになる方が嫌なので、本作程度で十分に感じるけどね。


続いて、以下は同じく「タクティクスオウガ」のカノープス。
エンパ02
有翼人ということで、翼を付けたいと考えたら修験者の服しか選択肢がないのでこんな感じに。
顔はそこそこ似ているような気がしないこともない。

オウガではよくボウガンを装備させていたので、元就の武器モーションにしています。


それから、以下はオズマ。
エンパ03
本来ならもうちょっとキツ目の顔立ちなんだけど、今回はこの程度にしておきました。
そして、ロスローリアンの鎧を再現するとしたら特忍鎧くらいしか無理っぽい。

武器モーションは鞭っぽい感じの甲斐姫をチョイス。


次に、オズマの元婚約者であるハボリム。
エンパ04
全体的にあんまり似ていない仕上がりなものの、結構渋くて個人的にはお気に入り。
出来ればオレンジっぽい服色にしたかったのに、それが出来ないのが残念過ぎる。

武器モーションは明智光秀。抜刀術的な攻撃法がハボリムにピッタリなんじゃなかろうか。


そして、最後にセリエさん。
エンパ05
こちらも服装選びに結構悩まされてしまったものだ。
比較的シンプルな服装のキャラほど再現しづらいということを実感させられますな。

本来、髪色ももうちょっと薄いんだけど、黒髪の方がしっくり来たのでこんな感じに。


というわけで、その他にも計20体ほど「タクティクスオウガ」のキャラを製作。
さすがに一気にこれだけ作ると妙に疲れるものだ、なかなか思うようにいかないことだし。

もっと沢山色んなキャラを製作して敵武将として登場させたいのだけど、
気が向いた時にちょこちょこと作り足していく感じじゃないと続かないものだね。


戦国無双4 Empires
戦国無双4 Empires
posted with amazlet at 15.09.19
コーエーテクモゲームス (2015-09-17)
売り上げランキング: 181


Vita「戦国無双4 Empires」プレイ感想(4)、元就公80歳にして天下統一!初エンパにしては割とサクサクいけた

Vita「戦国無双4 Empires」プレイ感想(3)、陣形・戦場策が重要すぎる!慣れたら俄然面白くなってきた






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation