ストゼロ01 ニコ生とかのゲーセン配信を見ていると、いまだにレトロ格ゲーの大会があることに驚かされる。
キャラ対策を講義する放送なんてものもあったりするし、昔の作品も愛されてるんだなぁ。

20年前の作品なんかでも、最近になって発見された技というか立ち回り方などもあるようで、
好きな人にとってはまさにスルメゲーと呼べるものなのでしょう、素晴らしい。

まあ、そういう発見が常にあるからこそ、20年も遊び続けられるということなのかも。
(好きだから楽しい → 暇さえあれば色々と自発的に考える → 発見! という感じかな)

【スポンサードリンク】


ストZERO3に関しても、Youtube上に大会動画が上がってたりするので色々見たけれど、
やっぱりV-ISMのオリコンはクソだなと改めて思ってしまった。

ストZERO3 大会 – YouTube

体力ゲージを半分以上削っているところを見ちゃうと、一気に萎えてしまうものだわ……。
あれでハメ認定されないというのも凄い話。何か対処法があったりするということなの?

あったとしても、大半の人が対処出来ずに体力ゲージをごっそり持っていかれてたりするし、
ほんと見ていて楽しく思えないというのが辛いものですな、V-ISMって。


ZEROシリーズの中で3の評価がよろしくないのはV-ISMのせいだとは思うんだけど、
ZやX-ISMをやってる分には楽しいので、自分の中ではVは無かったものとして扱おうと思う。

(正直、V-ISMでプレイしている人は楽しいのかなぁ? まあ、爽快感はあるのだろうけど)


それにしても、格ゲーってどのように練習すべきなのか? と、プレイ中色々と考えてしまう。
ストゼロ02 ちょっとづつ難易度を上げて練習するべきか、
いきなり高難易度で練習して無理矢理慣れていくべきか、どちらがいいのやら。

難易度★8つでしばらく練習してから、★3つに落としてプレイしてみると、
それなりに楽に感じるのは確かなんだよね(ちなみに、自分は現状せいぜい★2レベル)

でも、自分の苦手キャラに当たると、普通に苦戦するから身になってなさそうな予感……。


持ちキャラのキャミィだと、9戦目のバルログに普通に負けてしまう(ほんと苦手)
ストゼロ03 なんか本作の敵ってAIが優秀なのか、ほんと牽制を当ててくるのが上手いのですよ。
こちらが何かしようとした時に出鼻をくじかれる感じで、やりにくいとしか言いようがない。

牽制を牽制で弾かれるという悲しい出来事が多過ぎて、愕然とさせられる事もしばしば。
キャラ対策のためにも、VSモードでCPU戦もやっていくべきなのかもしれないなぁ。


とはいえ、別にネット対戦があるわけではないので、そこまで本気でやる必要もないけれど。




ストリートファイターZERO3 オリジナル・サウンドトラック
カプコン セルピュータ (2016-02-17)
売り上げランキング: 16,098


PS「ストリートファイターZERO3」プレイ感想(1)、初代PS版なのに思いのほかドットが綺麗で目に馴染む!(格ゲーはやっぱりドットだよね)

Vita「STREET FIGHTER X 鉄拳」プレイ感想(3)、DLCのコスチュームを買ってみた!(女性キャラ3着ほど)






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation