ネルケ01 30ターン目が終わったところで、アーシャ&エスカ&ロジー&ステラ&ロッテが登場!
つい3ターン前にアーランド勢が来たと思ったら、もう黄昏勢が来ちゃったか、ペースが早い。

その直後、ウルリカ&ロゼ&ペペロンとかいう人たちが登場し、
31ターン目が終わると、イリス&エッジが登場! ほんと息つく暇なく出てくるな、こやつら。

これで錬金術士が一気に合計22人になったのかな? ちょっとペース配分おかしいでしょう……。
「調合」出来る者が増えるのは助かるけど、アトリエを人数分用意するのが大変だね、こりゃ。

【スポンサードリンク】


ちなみに、彼らも「グランツヴァイトの樹」目的でこちらの世界に来たらしい。
こんなに異世界からぞろぞろと人が来ちゃったら、タイムパラドックス的に大丈夫なんだろうか?

錬金術士って過去や未来にも行けるようだし、なんか無茶苦茶なことになってそうで恐ろしい。


そんな中、無料DLCでガストキャラが17人追加され、働き手も一気に増えました。
ネルケ02 自分は、「無双スターズ」にも出てきたアーナスさんくらいしか知らないけど、これは大助かり。
とにかく「派遣」に人員を沢山割けるというのが有難いったらないですな、うん。

ある種、難易度が緩和されたような感覚かもしれない、なんとなく。
これなら、初周プレイで「臨時お手伝いさんを使わない縛り」とかやってみるのも面白いかも?

ま、ゲームに慣れたらそういう遊び方をしてみるのも悪くない気がする、いつかやってみよう。




それにしても、「建築」や「調合」を考えるだけで、1ターンにすごく時間が掛かるようになってきた。
ネルケ03 1ターンを終わらすのに平気で1時間は掛かったりするし、ちょっと考え過ぎなんだろうか?
上手く建物を配置できないと悩んだり、足りない素材の確認作業にも時間が取られる始末。

悩んでる時が一番楽しいものの、進みが遅いのが難点だよな……。これは、どうしようもないか。


で、32ターン目が終了して「課題5」を達成!(10万コール以上売り上げ)
3ターンで達成したので結構早かったかも。収支関係なく、純粋に店の売上のみだから楽だよね。

そして、次の課題は「人口を10000人以上にしよう」とのこと。
現状、5012人だから、それを倍にしないといけないわけか……。27ターンの猶予、大丈夫でしょう。


このあと、街の発展とは裏腹に、複雑な悩みを抱えるネルケさんが描かれることに。
ネルケ04ここ最近、考えてしまうの。自分がこの場所に必要かどうかを……

まあ、確かに錬金術士なくして今の発展はないしなぁ。

しかも、その錬金術士は、別にネルケさんが独自にスカウトしてきたわけじゃなく、
降って湧いてきたようなものだし、「本当に自分は役に立っているのか?」と悩むのも頷ける。

正直、今はいいけど、皆が元の世界に帰った後はどうするの? という不安が結構大きいかと。
これは早いとこ、こちらの世界の錬金術士を雇い入れるべきでしょう。それこそ彼女の使命かもね。




アトリエシリーズ20周年記念 公式ビジュアルコレクション
KADOKAWA (2019-01-31)
売り上げランキング: 7,718


Vita「ネルケと伝説の錬金術士たち」プレイ感想(6)、“訪問”を疎かに出来ないけど“調査”もしたいジレンマ(アーランドの錬金術士たち登場&課題4達成)

Vita「ネルケと伝説の錬金術士たち」プレイ感想(5)、一気に4人も錬金術士が増えてしまい戸惑うの巻(ソフィーらが登場&課題3達成)








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation