ネルケ01 なんか紆余曲折もなく、サクッとアカデミーの開設、ロータスの復帰を領主が認めてくれた模様。
てっきり二転三転すると思っていたのに、解決までが結構早かったなぁ、少し拍子抜け。

父親は娘には弱いということで解釈しておけばいいのかな?
まあ、彼女自身の仕事っぷりも成長していっているし、その辺が見て取れたのかもしれない。

これ以上長引かせても物語が長過ぎなので、このくらいが丁度いいのでしょう、贅沢は言うまい。
(本作ってSLGの割にストーリー部分にも力が入っているから、その点はそれほど不満なし)

【スポンサードリンク】


で、さっそく「錬金アカデミー」を建ててみよう!

建てるとしたら、ネルケの屋敷近くの「ノイボーデン区」だなと思っていたというのに、
まさか、空き地があるのに配置限界が来ちゃうとは驚き以外の何物でもなかったわけで……。
ネルケ02 これって、マス目ギチギチまで配置せず、適度に空白地を設けながら街作りしろってことなの!?
ゆったり感覚で配置していっていたら、こんな残り方はしなかったのかもしれない、たぶん。

でも、それぞれの土地の区画って、一気に解放されるわけじゃないし、
現状使える部分は最大限活かして建築するから、否が応でもギチギチ配置になるでしょうに……。

なんだかメインコンテンツであるはずの街作りが、どうにもやりにくくて仕方ないぜぇ。
全体的に配置換えとかしたいと思っても、建物の仮置き場的なものもないし、非常に辛いです。


そんな中で、メイン「研究」の方は、気づけば8つ目まで進行中!
ネルケ03 残り5個なので意外となんとかなるかな? とは思うけど、
キャラクターの有効度上げが思いのほかネックなので、一体どうなることやら。

使う素材だけは早め早めに揃えてはいるものの、先に進められないもどかしさよ……。
これはキャラのイベントを進めるだけじゃなく、「依頼」も聞いた方がいいということなんだろうか?


それから、54ターン目が終了して、なんとか「課題8」を達成!(300万コール売上げ)
ネルケ04 結果、12ターンほどで終わったけれど、すんごい長く感じてしまった。
課題内容的に、とにかく売上げを増やすだけだから、同じ事の繰り返しでダレてくること必至!

慣れてくると作業感を覚えるのは当たり前だろうから、これがSLGの宿命ってやつなのでしょう
店をどんどん増やせばそれだけ早く終わるかもだけど、現状20店舗以上あるし管理が大変……。


それにしても、なぜロータスが素性を明かすシーンがフルボイスじゃないのかが不思議だわ。
かなり重要なイベントだと思うのにパートボイスだなんて、扱いが悪いとしか言いようがない。

どうでもいいような「訪問」がフルボイスだったりもするし、その辺のチョイスがよく分からんね。




アトリエシリーズ20周年記念 公式ビジュアルコレクション
KADOKAWA (2019-01-31)
売り上げランキング: 7,718


Vita「ネルケと伝説の錬金術士たち」プレイ感想(9)、ロータスやアカデミー実現のためネルケさん奔走!ヒューマンドラマっぽくなってきた(課題7達成)

Vita「ネルケと伝説の錬金術士たち」プレイ感想(8)、グランツヴァイトの樹を発見したりソルトが判明するなど物語が盛り上がりを見せる(課題6達成)








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation