真・三國無双7 with 猛将伝

★2014年6月11日の記事を再掲

思いっきりゲームにハマってしまって、あまり本が読めていない今日この頃。

ちょっと前は『戦国無双4』にハマってたんだけど、なんとなく三國の方にも手を伸ばしてみたら戦国以上にのめり込んでしまいました。すでにプレイ時間が80時間を越えちゃってるものの、まだまだ面白い。

【スポンサードリンク】


戦国も十分面白いけれど、三國の方は7作目ということもあってか、システム面とかが至れり尽くせり状態なんだよね。シリーズ通してプレイしてきた人にとっては「もう、うんざり」という気持ちも理解できる。でも、本作から入った者からしたら普通に神ゲーかもしれない


三国志全30巻漫画文庫 (潮漫画文庫)個人的には、子供の頃にSLG「三国志」や漫画「横光三国志」を読んで育ったので、それだけでも本作にハマる素養があったということなのでしょう。知ってるエピソードが出てくるたびに、ワクワク感がハンパじゃないですな。

それにゲームなので、漫画等では読むことが出来なかった黄巾党の張角や董卓、孟獲らの視点からもストーリーを堪能できるなど、ファンにはたまらない仕様なんじゃないかと。

収録されている年表や人物事典なんかを読んでるだけでも面白いし、睡眠時間を削られまくりです……。


しかし、若干処理オチしてしまう部分あるのが何とも言えないものだ。“火計”とかやられちゃうと、ほんとスローモーションみたいになってしまうので多少ストレスを感じてしまう(そんなに頻繁にあるわけではないのであしからず) まあVita版だからしょうがないのだろうけど。

ただ、このクオリティのものを携帯ゲーム機で出来るというだけでも大満足。隙間時間にちょこちょこと遊べるのが素晴らしいとしか言いようがない。「Vitaよ、もっと盛り上がってくれ!」と願うばかりです。


それにしても、関羽の子供らが4人もプレイアブルキャラになっているのに、なぜ劉備の子供(養子)である劉封が使えないのかがちょっと解せないなぁ。




真・三國無双7 オリジナル・サウンドトラックコンプリート盤
ゲーム・ミュージック 一青窈
コーエーテクモゲームス (2013-03-06)
売り上げランキング: 65,687


Vita「戦国無双4」に見事にハマってしまった、リアルに時間感覚が無くなってしまう爽快感!






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation