ファイナルファンタジータクティクスA2 「SRPGやりたい熱」が依然高い状態なので、なんとなくFFTA2をやっていきたいと思う。
例によって、「こんなのFFTじゃない!」と早々に投げ出した経験があるクチだけど、なんとかなる?

ま、「獅子戦争」的なストーリーを求めてしまうと、なんか違うと感じちゃうのは否めないものの、
本作は楽観的思考を極めたルッソの物語なんだ! と割り切ってしまえば、楽しめるはず、たぶん。

この辺、ゲームにストーリーを求めない層にとっては、まったく関係ない話なのでしょう。
そこまで自分に折り合いをつけれたら楽なのだろうけど、そうは絶対なりたくないというジレンマ。


【スポンサードリンク】


とはいえ、ゲームのシステム自体は王道で普通に楽しいんだけどね。
ジャッジによる縛りも前作FFTAよりも緩くなってるらしく、遊びやすくて悪くない。


ある種の制限があるからこそ面白く感じる
プレイ前だと、「FFTシリーズは、ジョブチェンジを駆使するのが面倒!」という思いもあったけど、
いざやり始めると、それがなんだかんだで楽しく感じるから不思議なものだわ。

「獅子戦争」と違って、種族ごとになれるジョブに違いがあるなど、
そういうある種の制限があるからこそ面白く感じるのかもなぁ、万能キャラ嫌い勢としては。

アビリティも装備依存となっているし、それら装備をGETしないことには強くなれないので、
スタートからガッツリ育成しちゃう人を抑制するのに一役買っているんじゃなかろうか、なんとなく。

(ま、そもそもフリーバトルを自由に出来ないから、ガッツリ育成もやりにくい作品だけどね)


獅子戦争よりかはバランスが良い?
それにしても、最序盤からして敵味方共にHPが高めなようで、ルッソLV3でHP100を超えちゃうし、
敵もそれに倣ってくるから、バトル時間が長くなりがちなのが玉に瑕かも(TO外伝を彷彿)




だとしたら、「こちらのHPが高めだから死ににくいのか?」というと、そういうこともなく、
背後からの攻撃をくらうと6割くらい平気で持っていかれるので、なかなかの緊張感です。

さらに、背後攻撃+クリティカルなんて食らおうものなら、ほんと泣きたくなってくる……。
あくまで難易度ハードの話だけど、これと比べたら「TO 運命の輪」はヌルく感じるのかもしれん。


でも、SFC版「タクティクスオウガ」や「獅子戦争」なんかだと、
弱点付いたら3ケタダメージ余裕だもんね。そちらと比べたら、まだ本作の方がバランスが良い?

そもそも、馬鹿みたいにダメージをくらってるのに、その方がバランスがいい、すごく面白い、
SRPGはこうでなくっちゃ、という人も少なからずいるので、バランス云々に関しては人それぞれか。


ま、そんなこんなで、現在ラザフォードさんと出会ったところまで進行中!




FINAL FANTASY TACTICS A2 封穴のグリモア オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック
スクウェア・エニックス (2007-11-28)
売り上げランキング: 23,195


PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」プレイ感想(1)、途中で飽きても定期的にやりたくなる稀有な作品&“ゴリアテの虐殺王”街道をまっしぐら!








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation