ファイナルファンタジータクティクスA2 クエスト制(おつかい)というのも、テンポよくサクサク進むので意外と悪くないと思えてきた。
ただ、サクサクだからと言って、サブクエをおろそかにしていると足元を掬われてしまうけれど……。

「クエストのランク数 = 推奨レベル」という認識が初見の時にはあったものの、
難易度ハードだと、ランク数+5くらいの敵レベルが当たり前なので、さすがに結構辛いのです。

ランク数はただの飾りなのだよ」という認識に改めるべきだね、これは。
特にメインクエストはしっかり育成してから挑むべきなのでしょう、数字に惑わされるな、自分。

【スポンサードリンク】


「サブクエストがパブに出なくなって、もうメインしか残ってない!」という状況に陥っても、
日数を進めてみたら(月をまたぐ?)突如サブクエが増えてたりするから、焦り厳禁ですな。

幸いこちらのレベルは上がりやすいようだし、じっくりプレイしていけばいいのかもしれない。


属性攻撃持ちモンスターが2匹以上出てきた時の絶望感
それにしても、属性攻撃持ちモンスターが同時に2匹以上出てきた時の絶望感は異常。
互いに自分たちを攻撃し合って回復しちゃうのが、ほんと辛いとしか言いようがないものだ。

その回復量もかなり多いし、そういうやつらが出てきてしまうと全然バトルが終わらない……。
初見の時はこんな辛さは記憶にないんだけど、やっぱり難易度ノーマルとハードでは違うのかな?

そうじゃなくても、ホワイトウィンド持ちやリジェネ持ちのモンスターだっているし、
なんか本作って、回復が充実したモンスターが多くない!? 獅子戦争の方がまだ易しい気が。。


なんというか、過去作以上にデバフを意識して使っていかないと厳しいのかもしれない。
ここで、「青魔法」等が有用になってくるわけかー、覚えさすのも運ではあるけど頑張ろう。


ヴィエラかわいいよヴィエラ
ちなみに、現在ン・モゥ&バンガ族を使わない縛りをしているので、
ルッソ、アデル、ヴィエラ×2、ヒュム、モーグリというパーティ構成で進行しております。

ン・モゥとバンガは見た目が嫌いなので、代わりにヴィエラを2体使っていこう! という感じ。
ヴィエラかわいいよヴィエラ、FF12のフランはそんな好きじゃないけど、本作のヴィエラは最高。

特に「緑魔道士」がお気に入り、これがケモナーという感覚なのかな?(モーグリも可愛いし)
でも、言うほどケモノっぽくはないので、ちょっとジャンル的には違うのかも、たぶん。


とまあ、そんなわけで、現在ヴァン&パンネロが初登場したところまで進行中!




FINAL FANTASY TACTICS A2 封穴のグリモア オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック
スクウェア・エニックス (2007-11-28)
売り上げランキング: 23,195


DS「FFTA2」プレイ感想(1)、背後攻撃をくらうと6割くらい平気で持っていかれる緊張感(難易度ハード)

PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」プレイ感想(1)、途中で飽きても定期的にやりたくなる稀有な作品&“ゴリアテの虐殺王”街道をまっしぐら!








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation