烈火の剣01 自分がフォローしている実況者の影響により、今回からファイアーエムブレムをやってみたいと思う。
最近の3DなFEよりドットFEの方が見ていて面白そうに感じたので、「烈火の剣」をチョイス。

完全初心者向けとして、「烈火の剣」と「聖魔の光石」で悩んだものだけど、
世間的な評価としては烈火の方が断然良いみたいだから、烈火を頑張ってプレイしていきたい。

ちなみに、バーチャルコンソールとかではなく、GBAソフトを買いました。
電池交換済みでなかなかいいお値段がしたものの、WiiUとかを揃えるよりかはお得だよね。

【スポンサードリンク】


なにやら電池版ではなくフラッシュメモリ版もあるらしいけれど、
結構レアな代物らしく、Amazonなんかでは全く見掛けることもないという。

ヤフオクでは、約10000円程度で出品されているのを最近発見。
どうしても欲しい人なら手を出せる範囲の値段なようで、まだ納得出来る感じかもしれない。


ユニットの移動力が思いのほか高い
そんなこんなで、さっそくプレイ開始。
しばらくチュートリアルみたいに優しくシステムを教えてくれるので、非常に有難いです。

FEやスパロボみたいな、高低差のない平面マップのSRPGって始めてやるんだけど、
敵味方ユニットの移動力が思いのほか高いところに、少し驚かされてしまう。

あくまでもタクティクスオウガなどの俯瞰視点のSRPGと比べての話で、
相対的にマップ自体も広めだから移動力も高いということなのでしょう、言わずもがな。

なので、予想していなかったところで、不意に敵に近づかれ攻撃されることもしばしば。
その都度、敵の行動範囲を確認しつつ進軍せねば痛い目に合いそうで怖いものだ。




ドットによる戦闘は趣があって良い
それにしても、やっぱりドットによる戦闘は趣があって良いですな。
キャラの攻撃モーションとか結構なめらかに動くし、GBA侮り難し、そんな風に思う。

GBAのゲームなんて、以前FFTAをちょろっとやったことがあるくらいの記憶しかないけれど、
画面もそれなりに綺麗に感じるし、これはこれで悪くない。ドット好きなら申し分ないかと。

一応、DS Liteでプレイしているから発色もいいのかも。
これをGBA実機でやっていたら、また感じ方は違ってくるのかもしれない、たぶん。


という感じで、現在ストーリーの方はというと、
5章が終わり回復役キャラとかが加入したところまで進みました。

(まだチュートリアルみたいだし、今のところサクサク簡単かも)

FE自体初見プレイなので、キャラロストしてしまったらリセットしようとは思うけど、
どこまでノーリセで進められるかも気になるところではある。




ファイアーエムブレム 烈火の剣
任天堂 (2003-04-25)
売り上げランキング: 4,362








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation