烈火の剣01 今回からエリウッド編に突入! リン編終了から1年後の時系列になっているらしい。
失踪した父親、そして暗殺団「黒い牙」など、冒頭からきな臭いストーリーになってますな。

ただ、説明は非常に少なく簡潔に描かれているので、地名と人名を覚えるのが結構大変……。
初見では何となく雰囲気で伝わったかな? という程度の理解度で進めるしかないものだ。

戦記物ともなると、複数の領土の対立関係が描かれるのが常だったりするし、
中世ヨーロッパ的な世界観であるならば、カタカナ地名・人名も当たり前なので仕方がない。

【スポンサードリンク】


ゲーム内にTIPSであるとか、用語辞典みたいなものがあれば良かったのになぁ。
そうすれば、すんなり物語に入り込んでいけるだろうに、すごく残念。

とはいえ、GBAのゲームだし、スペック的に厳しいのかもしれない。
(でも、とっくにPS2が発売されている時代でもあるので、頑張って欲しかった)


エリウッドがあまり強く感じない悲しさ
てなわけで、エリウッド編が開始したわけだけど、そのエリウッド自体があまり強く感じない悲しさ。
リンと比べても火力の低さが結構顕著な気がしてしまう(「鉄の剣」で攻撃したときの比較)

もう1人の主人公(?)であるヘクトルも参戦してきたけれど、こちらは非常に優秀なんだよね。
レベルが上がっても順調に力が上がっていくし、エリウッドとは大違いなんですが……。

たまたま現状の成長の仕方がしょぼい感じなのだろうか? その辺が気になってしまう。
でも、このレベルUP時のランダム成長って、なんだかんだで個性が出やすいから面白いです。


突如リセット祭りに見舞われる
それから、やはりチュートリアルであるリン編から難易度も上がってきているからか、
突如リセット祭りに見舞われるようになって参りました。

キャラロストさえなければ、SRPGとしてそこまで難しいとは思わないんだけど、
その1点があるだけで、リセットせざるを得ない辛さがあるものだ。


以下、リセットした原因を箇条書きでお届け。

・13章外伝、マリナスというおっさん(NPC)を防衛するのに失敗。
・14章、エルク(NPC時)を死なせてしまう。
・14章、加入したばかりのプリシラを死なせてしまう。
・15章、フロリーナが弓兵により一発撃沈!


ということで、15章終了までに累計5回のリセットをさせられるはめになりました。

NPCはこちらが予想できない動きをするから仕方ないとして、
またしてもフロリーナを死なせてしまったのが、気持ち的に結構ショックだったかも。

ほんと弓兵がトラウマになってしまう、そのくらいの恐ろしさがあるよね。
これからは、弓兵の位置確認だけでも絶対怠らないようにしなくては! 肝に銘じよう。




ファイアーエムブレム 烈火の剣
任天堂 (2003-04-25)
売り上げランキング: 4,362


GBA「ファイアーエムブレム 烈火の剣」プレイ感想(2)、リン編クリア!フロリーナが撃沈され初めてのリセットを味わったけど無事チュートリアル終了

GBA「ファイアーエムブレム 烈火の剣」プレイ感想(1)、やっぱりドットによる戦闘は趣があって良いですな(5章終了)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation