烈火の剣01 終盤の敵の物量には、ほんとに驚かされるものがある。何なんでしょう、あの増援に次ぐ増援は。
「もうクライマックスだから、ここでレベル上げしてね♪」というお達しか?

でも、敵の強さはそこまでじゃないので、3すくみで有利なキャラをあてがっておけば問題なし。
ま、ほとんどの場面でヘクトルさんが無双してくれました。正直、強過ぎて引くレベル。

肝心の主人公エリウッドはクラスチェンジが遅かったということもあり、
大した成長を見せることなく終章へ突入することに……(結局、リンとヘクトルの二強という塩梅)

【スポンサードリンク】


しかしながら、終章だけ他の章より極端に難易度高くないかい?
なんかもう、ボスラッシュみたいな感じになっているし、相当なヤバさであった。

特にロイド&ライナス兄弟が異様に強くて、ちょっとバランスがおかしく感じてしまう。
この2人によって4ユニットも倒されちゃったし、自分の中で敗戦ムードが凄かったかも……。


でも、最後だからキャラロストしてもリセットせずに、そのまま続行を決断。

キャラが計8人になり、そのうち2人がバサークをくらってピンチに見舞われたものの、
なんとか自然回復させ(レスト未所持)、カツカツの状態でネルガルを撃破できました。


無事に「火の竜」を撃破しクリア!
これでやっとクリアか! と思いきや、「火の竜」登場にポカーンとさせられる。
ついさっきボス格の敵を8体も倒したのに、まだやれと言うのかよ……。なんという鬼畜。

セーブもなしでそのまま戦闘に入ってしまうし、これは絶対に負けられないじゃないか。

ま、結局まともに相手にダメージを与えられるのは、アトスとリンくらいだったので、
アトスのアーリアル×3、リンのソール・カティ×1で無事に撃破! モルフ戦より楽だったかも。


それにしても、エリウッドが全く用を成していなかったのが何とも言えないですな。
火の竜に対して“デュランダル”を使っても、反撃で殺されちゃうみたいなので使えなかったし。

火の竜に烈火の剣では属性的に無理なのか、単純にエリウッドが弱かったのかが気になる。


クリアまでの累計リセット数
というわけで、約34時間でのクリア! となりました、良かった良かった。
リセットしてやり直した時間も鑑みると、たぶん約40時間くらいは掛かったのかな?

(総ターン数は581ターンほど掛かったらしい。比較対象がないので良し悪しが分からん)


ちなみに、今回のプレイでリセットした原因は以下の通り。


・26章、ニノがウルスラの魔法をくらって一発撃沈。
     エルクが2ユニットに連続で狙われ撃沈。
・27章、ニノがシューターに連続で狙われ撃沈(ニノは全く育ってなかったので)
     山に配置してたフロリーナが狙われ撃沈(相手の命中30くらいだったのに)
・28章、プリシラがボスのトマホークで一発撃沈。
・30章、ハーケンがウハイに連撃をくらってしまう。
     ロウエンがケネスに連撃をくらってしまう。

(27章でイサドラ、29章でフロリーナ、
 30章でプリシラ・レベッカ・ガイツ・ハーケンをロストしたけど、そのまま続行)


クリアまでに累計18回のリセットと相成りました。
初FEだし、このくらいで済んだということで良しとしておこう、なんとなく。

正直な話、途中で詰んでしまっても、ノーリセでプレイした方がストレスは少ない気がするね。
終盤はとにかく1戦1戦が長いので、戦闘の最初からやり直すのが辛いったらないからなぁ。

次はヘクトル編だけど、ノーリセで行くかどうしようか結構迷ってしまう(初見だし)


初FEの印象を適当に
ま、何はともあれ、SRPGとしてシンプルイズベストという感じで面白かったです、FE。

こちらの配置ミスか、ボスのクリティカルくらいしか死ぬ要素はなかったし(難易度ノーマル)、
とにかく駒をどう動かすかを純粋に思考して楽しむ作品、そんな印象かもしれない。

ランダム成長が顕著で、ユニットの個性が出やすい感じではあるけれど、
他のSRPGみたいに育成を楽しむというのとはちょっと違う感じがしないでもないや。

(装備品もさることながら、ユニットも使い捨て感が無きにしも非ず)




ファイアーエムブレム 烈火の剣
任天堂 (2003-04-25)
売り上げランキング: 4,362


GBA「ファイアーエムブレム 烈火の剣」プレイ感想(5)、ザコ敵の中にも2次職が登場!そして唐突にタイトル回収(25章終了)

GBA「ファイアーエムブレム 烈火の剣」プレイ感想(4)、仲間になる予定のキャラを初めて見殺しに&セカイ系なストーリー?(20章終了)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation