タクティクスオウガ外伝01 2章に入って、早くも「雷神の弓」をGETできて結構驚かされた、すごいな外伝は。
その他にも色々と固有装備が普通に手に入るなどするし、TO本編もこんな感じなんだろうか?

自分はリメイク版しかやったことがないので非常に新鮮ではある。
店売りの汎用装備の種類が異様に少ないので、相対的に固有装備の方が種類豊富に見えるね。

「クエストモード」であれば、さらに色んな固有装備が手に入るようだし、
各1個づつではなく複数個手に入ったりもするので、固有装備とはいえレアではないのかも。

【スポンサードリンク】


正直な話、固有装備は各1個づつとかの方が、有り難味があって良いんだけどね。
ユニット全員を強い固有装備ばかりで固めだしたら、それはそれで大味な気がしないでもない。

↑ ま、それをやるには作業が必要になってくるので、自分はやるつもりはないけれど。


★「オストレア城」とかいう最大の鬼門
そんな中で、まさか部隊を二手に分けて攻略するイベントがあるとは予想外であった。
必要最小限しかユニットは育てていないというのに、なんということだ……。

二部隊ということで、最大16ユニットまで出撃させることができるけれど、
さすがにそんなに多くは育てる気にはならないから、仕方なく12人用意(これが限界)


で、6ユニットづつ出撃させたわけだけど、いやぁ~なかなか辛い戦いと相成りました。
「オストレア城」とかいう最大の鬼門。

何が辛いって、ヒールプラス持ちのナイトがいるせいで、全然敵ユニットを倒せない厳しさ
その辺のザコ敵ですら、「もう少しで倒せるぞー!」となると確実にヒールで回復してくるし、
そのナイト自体も硬いわ体力多いわで倒せないし、まーーったく戦闘が終わらないんですが…。

これはもうボス一点狙いで行こう! となっても、やっぱり瀕死にさせると何度も回復する始末。
まさか火力が足りてないから倒しきれず回復されている? 推奨Lvが分からないからあれだけど。


でも、何度か挑戦したのちに、回復持ちナイトを取り囲んで動けなくさせる戦法を思い付いて、
それによりボスを回復させないことに成功! なんとか突破すること出来て良かった良かった。

最悪育成し直しだな、とか思っていたので、功を奏してホッと胸を撫で下ろす。
試行回数を重ね、知恵を絞って対処出来たらなかなかの達成感。SRPGの醍醐味と言えるのかも。


★ファンタジーからスーパーナチュラルな感じになってきた
それから、ストーリーの方はというと、7年前に亡くなったイナンナさんの妹が出てきたり、
レクトールが悪霊みたいなものに取り憑かれたり、その悪霊が“神に近き存在”だったりと色々大変。

悪霊曰く「私の封印を解けば、おまえの望むものを全て手に入れられるぞ?」と、
アルフォンスをそそのかすもキッパリ拒絶! ロスローリアンへのフラグだと思ったら違ったか

なんだか、急にファンタジーからスーパーナチュラルな感じになってきたような……。
まあ、もともと宗教色も強い作品だから、霊だの悪魔だの神だのが出てきても普通のことかもね。


というわけで、2章終了。





GBA「タクティクスオウガ外伝」プレイ感想(2)、思いのほかヒロイン然としているエレノア、カチュアの片鱗(1章終了)

GBA「タクティクスオウガ外伝」プレイ感想(1)、戦闘モッサリだけど育成が楽しい!&相変わらず重たい言葉だらけ







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation