ファントム・ブレイブ 第7話に入り、敵レベルが18くらいのザコが普通に出てくるようになって驚かされる。
なんだか一気に強くなった感があるなぁ、如実にインフレしてきている模様。

まあ、モンスター系の敵なら自分達より格上でも、そこまでは苦労しないんだけど、
これが人間系の敵さんになってくると、余裕で3ケタダメージを出してきて泣きそうになるね。

これはあれか? 人間系のやつらは的確にこちらのマイナス属性を狙ってきているのかな?
そうじゃないと3ケタもダメージがいかないし、ほんと一発撃沈が怖い感じになってきたものだ。

【スポンサードリンク】


レベルが敵と同等以上ならばこの限りじゃないのかもしれないものの、
過度な育成をせず進めていると、ストーリー進行と共に相手の方が絶対強くなっちゃうもんなぁ。


とはいえ、逆にこちらが敵のマイナス属性を付くことが出来れば高ダメージが出せるし、
若干、「やるかやられるか」という戦闘バランスになってきた感が無きにしも非ず、なんとなく。

前回の記事で、「コンファイン&リムーブというシステムは良いバランス」って書いたばかりなのに、
「属性に関しては大味」という評価をせずにはいられない、少しポケモンを彷彿とさせなくもないや。




本作にも、タンク役のクラスがあったらまた違っただろうに、その辺は少し残念。
一応、「ナイト」という職自体はあるようだけど、ヘイトを稼ぐようなスキルは無さそうなんだよね。

基本、敵さんは体力が低いキャラを優先して狙ってくるようなAIっぽいし、
せいぜい、弱いユニットをデコイにするという戦法くらいしか出来ないのかもしれない、たぶん。

ま、コンファイン元の属性の良し悪しによっても戦局が大きく左右されるゲームなわけだから、
そもそもタンク役というのがシステム的にも用を成さない作りになっている可能性有り。

(やはり、本作もディスガイアみたく、「レベルを上げて物理で殴る」が推奨されているのでしょう)


足元をすくわれる予感しかない、現状のストーリー
あと、ストーリーの方はというと、本物のラファエルさんと顔見知りになったり、
シェンナさんから島を譲ってもらったり、伯爵様からの信頼を獲得するなど、
現状ポジティブなことばかり起きているので、なんだか逆に怖くなって来なくもないですな。

これ絶対、そのうち反動が来ちゃうよね……
特にウォルナットからは相当恨まれているようなので、足元をすくわれる予感しかないものだ。

「何が何でも金がいるんだ……」と、ワケあり顔なウォルナット。
以前、カスティルの住む島では頑なに仕事を拒んでいたことだし、もしかして彼って……。


とまあ、そんなこんなで、第9話まで終了!




ファントム・ブレイブ アレンジ・サウンド・トラックス
佐藤天平 華 Serena 立石玲
サイトロン・デジタルコンテンツ (2004-04-21)
売り上げランキング: 431,829


PSP「ファントム・ブレイブ」プレイ感想(3)、カスティルのおかげで救われた気分&コンファインが本作以降続かなかったらしく勿体無い

PSP「ファントム・ブレイブ」プレイ感想(2)、ながらプレイに最適なランダムダンジョン&本作に記録屋はないのか……








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation