オウガ01 約2年ぶりの「タクティクスオウガ 運命の輪」
なんとなく思い付きで、汎用ユニット5人旅をしたくなったので挑戦してみる。

主人公のデニムくんには完全に置物になってもらい、汎用ユニットしか使わない縛りです。
5人しか出撃出来ないではなく、「5人しか育てるつもりはない」のでなかなか大変そうではある。

本作って、システム的に色んなクラスを使っていると経験値を取得し辛いという仕様だから、
「LVを上げて殴る」というのも大変なので、高確率で投げ出すとは思うけれどまあやっていこう。

【スポンサードリンク】


中には、「皆のクラスを統一して育成すればいいじゃん♪」という人もいるのだろうけど、
自分のスタンスだとそういうのは大嫌いなので、クラス被りなしで進めていきたい。


しかし、久々のオウガだけど、実家のような安心感というか、ホッとする感覚があるものだ。
オウガ02 安定した面白さもあるし、定期的にプレイしたくなってくる作品の1つでもある(個人的に)

ちょっと前にプレイしたTO外伝と比べても、サクサクとユニットが動いてくれるしストレスフリー。
まあ、外伝は外伝で面白いと思うので、そのうち再プレイしたいとは思うけどね。


それにしても、上のスクショでも分かる通り、バルマムッサまでの最序盤はゲストが3人もいるので、
物量的に負けてる感がないから全くの苦労知らずかもしれない(9人出撃のところを5人でも無問題)

第1章で一番辛いところはと言うと、たぶんニバス戦になってくることでしょう。
飛行ユニットなし、エクソシズム要員が少ないとなってくれば、ほんとにキツいもんなぁ……。

なので、今回のプレイでは完全にスルー。スルーできる戦いならば、迷わずスルーしていこう!


カノプーさえいれば、ニバス戦もそんなに苦労することもなかっただろうに。。
オウガ03おいおい、いいのかい? そんなわけないよなぁ? マジな話?

初めてカノプーの入隊を拒絶したので、こういうセリフを聞くのもなかなか新鮮であった。
せっかく駆けつけてくれた良きアニキ的存在をここで門前払いするのは心苦しいけど、サラダバー。

飛行ユニットがいないと詰んでしまうステージがあったかどうか覚えていないものの、
最悪の場合は野良ヴァルタンを勧誘して代用すればいいや(出来れば最初の5人だけで進めたい)


そんなこんなで、第1章まで終了(Lルートを選択)

今現在のパーティは、ナイト、ウォリアー、アーチャー、ウィッチ、クレリックとなっております。
(後ろ3人はいいとして、そのうちナイトはドラグーン、ウォリアーは忍者しようか迷い中)




タクティクスオウガ 運命の輪 Art Works (画集)
Posted at 2018.10.13
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス


PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」プレイ感想(15)、人は戦争を求める時にこそ最も声高に平和を説く

PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」プレイ感想(14)、敵(ガルガスタン人)にたしなめられるデニムくん







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation