オウガ01 2章ともなると、タコさんあたりで苦労するかな? と思いきや比較的楽に突破。
現状ダメージを与えにくいゴーレムの方が断然辛いじゃないか……(魔法が頼り)

でも、ナイトの「ランパートフォース」で相手の移動を阻止しつつチクチク削っていけば問題ない。
というか、この少人数プレイにおいては、壁役が重要過ぎるとしか言いようがないものだ。

通常プレイだと、とにかく広い場所に行って戦うことを念頭に置いてプレイしていたので、
全くと言っていいほど壁役を重要だとは考えていなかったけど、今回はほんとナイト様様だこと。

【スポンサードリンク】


ナイトを主体にして、狭い道に陣取り戦おう! という考え方に変遷しちゃったし、
以前と比べてずいぶんプレイスタイルが変わってしまった感がある。

(↑ 初見でこういう戦い方をする人も多いのだろうけど、自分は普通に脳筋プレイ派でした)

まさに別ゲーを遊んでいる感覚、今回の方が断然頭を使わされて面白いのは間違いない。
とはいえ、途中で投げ出すであろうことは容易に想像できるけども……。


それから、綺麗なヴァイスやアロセールを退けつつストーリーを進行!
オウガ02 ゲストキャラのカチュアが攻撃と回復で支援してくれるので、かなり助かっている塩梅。
彼女がいなくなって、完全な汎用5人旅になった時にどうなるかが心配ではある。

支援といっても時々しかやってくれないけれど、その時々が結構有難かったりするんだよね。
それ以上に、デコイになってくれる場合もあるので、いるといないとでは大違い。

3章からの戦いが正念場と言ったところだろうか(そもそも初めから4章まで行く自信などないし)


あと、道中で「忍びの証」をGETしたので、ウォリアーを忍者に転職させておきました。
オウガ03 周回ではなく、初周の忍者はラスボス相手にダメージを与えにくいのが悩みどころだけど、
ラストバトルに行くまでは普通に活躍できるだろうから、とりあえず育てていきまっしょい。

もし、まかり間違って5人旅でラストまで行けることがあれば、その時改めて職を考えればいいか。


そして、2章ラストでレオナールさんを撃破し、ウォルスタの未来はデニムらの手に委ねられる。
てか、ここでデニムを使わなきゃいけないことを完全に失念していたので、多少慌てました。

もう急遽、即席で忍者に転職させ、良い装備もかき集めて、今回プレイで主人公を初運用!
ま、大体ヴァイスとアロセールに任せておけば倒してくれるから、ここでも置物でよかったかも。




タクティクスオウガ 運命の輪 Art Works (画集)
Posted at 2018.10.13
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス


PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」プレイ感想(16)、汎用5人旅01・最序盤はゲストが3人いるので苦労知らず&カノプーを門前払いするのは心苦しかった

PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」プレイ感想(15)、人は戦争を求める時にこそ最も声高に平和を説く







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation