戦ヴァル01 なにかSRPGがやりたいなと思い手に取ってみた本作。戦ヴァル1は難しくて投げた経験有りだけど、
3は1と違って難易度選択が出来るらしいので挑戦してみよう!(もちろん難易度イージーで)

なんやかんやで、苦手意識を持っている戦ヴァル・シリーズ。
普通にユニットを動かすだけでも被弾するし、エムブレムやオウガとは違う難しさがあると思うんだ。

そもそも常套手段である「敵を1体1体釣る」という戦法も非常にやりにくいしなぁ……。
ほんと、一から自分なりにコツを見出していく感じだろうか(戦ヴァル1の記憶もほぼ無いしね)

【スポンサードリンク】


で、最初はチュートリアルということもあり、どんどん慣れていくことから始めよう!
SLG要素とアクション要素があるので、最初から覚えることが多くて結構大変ではある。


とはいえ、さすがに難易度イージーだから、被ダメも少なくサクッとクリア出来ちゃうものだ。
戦ヴァル02 まだ出てくる敵さんの数も少ないしねぇ、適当にユニットを動かしてても勝利できるレベル。
ステルスぎみに行くとか地道に進めてみるとか、今のうちに戦法を色々試すべきなのでしょう。

エムブレムやオウガ以上に攻略の幅がある感じがして、なかなか楽しいじゃないか、戦ヴァル。
やっぱり、人によって楽しめる難易度が違うと思うので、難易度選択があって良かった良かった。


それから、チュートリアルを2戦したのちに、ネームレス(懲罰部隊)の方々が初登場!
戦ヴァル03 この後、主人公クルト自身も唐突に反逆罪の嫌疑を掛けられ、ネームレスへ転属という急展開。
すんごいエリート街道まっしぐらだったのに、少将さんの手紙によって人生狂っちゃったなぁ。

ネームレスに合流したはいいけど、まったく信頼を得られていないので先行きが不安過ぎる。
部隊中クルトが唯一の士官ということで指揮を執ることになるも、命令を聞かないやつばかり……。

ネームレスとなってからの初陣はたった4人で戦うのかぁ(でも正規兵の時と大して変わらんかも)


そして、初陣も思いのほか楽にクリア! まあ、まだ最序盤だしね。
戦ヴァル04 しかしながら、ユニットを行動させる前に3Dの戦場マップを確認出来ないのが厳しいものだ。
さすがに2Dマップでは細かい構造が分からないので、行き先の決めにくさが多分にある。

身を隠せる場所も2Dマップでは分かりにくいし、まずどこを目指すべきかが決めにくいのですよ。
ユニットを行動させて3Dフィールドに出た後では全体像が見れないし、その辺も結構もどかしい。

でも、戦場のリアルというものを鑑みたら、予め下見をしない限りはこれが当たり前なのかもね。
(とはいえ、現状の戦いはネームレスらに地の利があるはずじゃないか! と言いたくなる)


という感じで、1章終了。




戦場のヴァルキュリア3 COMPLETE ARTWORKS (ファミ通の攻略本)
Posted at 2018.9.6
週刊ファミ通編集部
エンターブレイン


PS3「戦場のヴァルキュリア」挫折しました、ヌルゲーマーにとっては難しいので難易度選択が欲しいかも……







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation