戦ヴァル01 コーヒーを飲めないイムカが変顔(?)をしている図。
17歳とかだと、そんなに飲む習慣はない感じだろうか?(自分がいつ頃飲み出したか思い出せん)

というか、戦時中ではあるものの、コーヒーやミルク、はたまたキャンディなんかまで
普通にお店で買えちゃうところが凄いものだ。まだ戦争が始まったばかりで疲弊していない??

戦争が長引けば長引くほど国内経済は打撃を受けそうだし、早く終わらせてほしいものですな。

【スポンサードリンク】


あと、クルトはスパイス調合(料理)が趣味らしく、やっぱりミリ飯にはカレー粉なのか!?
どんな食材でもカレー粉をかければ一応食べれるものになるという都市伝説は本当なのかも。

(しかし、細かなエピソード描くイベントが結構多くて、ストーリーも面白いね、戦ヴァル3)


で、話はガラッと変わって、4章に入るとヴァルキュリアを信仰する宗教が出てまいりました。
戦ヴァル02 大体において、ゲーム作品に登場する宗教組織って悪く描かれるのが常だから、
どうしたって胡散臭く見えてしまうのが玉に瑕かもしれない、そんな気がする。

最初は善人面して出てきても、後から本性を現すんでしょ? みたいに勘ぐってしまう始末。
今のところ、普通に悪くない組織っぽいので信用したいけれど、本当に大丈夫かなぁ……。


ちなみに、この「ユグド教」はヴァルキュリア人を救世主としているらしい。
戦ヴァル03世の中が乱れた時、再びヴァルキュリアはこの世に現れ世界を救う。
 人はヴァルキュリアにすがり、救済を待てば必ず救われる。ただそれだけが真実


救世主ときたら、やっぱりキリスト教がモチーフになっているのでしょう、たぶん。
戦乱の世だからこそ、なにか無条件ですがりたいと考える人も少なくないのかもしれない。


このヴァルキュリア人を語る上で、「ダルクス人」という存在も無下には出来ないようで、
過去に起こった災厄の元凶とされ、今に至っても偏見と迫害を受けるに至っている模様。

なんだか、最近の作品で言えば、「進撃の巨人」のエルディア人を彷彿として仕方がないなぁ。
報復をしないことを美徳とするダルクス人と違って、エルディア人は色々あれだけども。


それにしても、4章ともなると、本格的に敵兵の物量が多くなってきて大変だ!
戦ヴァル04 取ったばかりの拠点に、「ひとまず1ユニットだけ置いとくか!」と対処して、
その後、他エリアにずっとかまけていたら、あっという間に敵さんが4体も集結しちゃうとか……。

上のスクショはちょっと分かりにくいかもだけど、中央以外で右側にも兵士が3体陣取っている。
この異様なまでの圧迫感は、初心者からすると気圧されること請け合い

1ターンで普通に瀕死にされちゃったし、訓練で体力も上げておかないと厳しくなってきかも。
とはいえ、難易度イージーでも段々と手応えが出てきたので、非常に面白くなってきた気がする。


という感じで、4章終了。




戦場のヴァルキュリア3 COMPLETE ARTWORKS (ファミ通の攻略本)
Posted at 2018.9.6
週刊ファミ通編集部
エンターブレイン


PSP「戦場のヴァルキュリア3」プレイ感想(4)、断章をやってみるの巻01&クラリッサはかなりの重罪なのでは!?

PSP「戦場のヴァルキュリア3」プレイ感想(3)、戦ヴァル1のキャラクターらが登場!&狙撃兵が強すぎて驚く(3章)







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation