戦ヴァル01 8章へ突入! なんかリエラが露骨にスキンシップを図ってくるようになってきたぞー!
おいおいおいおい、他の隊員に見られたらどうすんの!? 噂とかされたら恥ずかしいじゃないか。

でもまあ、彼女からしたらようやく“自分の居場所”と言えるところを見付け、
気軽に弱音を吐いていける相手も見付けることが出来たわけだし、これは仕方がないとは思う。

「1人で寒さに耐えるのが当たり前だった」という独白も妙に切ないので、幸せになってもらいたい。
(ちなみに、クルトよりリエラの方が1歳年上という事実、これは少し意外だったかも)

【スポンサードリンク】


しかし、この分岐イベントをイムカで選択していたらどんな感じになるのだろう?
あの性格からして、こんなにベタベタしてくるとは思えないんだよなぁ……。

でも、ツンデレの片鱗は見え隠れしているから、それっぽい行動をしてくるのかもしれない。


それにしても、8章に入ってからターン制限有りのミッションが増えてきていて大変
戦ヴァル02 それでいて、敵戦車やトーチカの配備もかなり増えてきているし、普通に難しくなってきた。
被ダメの多さは慣れでカバー出来るようになるけど、ターン制限はじっくり進められない辛さがある

とはいえ、ターンを気にせず攻略しても、終わった時にはターン内に収まってたりするんだけどね。
だからといって、のんびり出来るわけもなく、気持ち的には急かされるから何とも言えません。。

(正直、難易度イージーに戻したい衝動に駆られるけど、一応このままで進めていこう)


あと、今回新しいマップとして、「水上都市」が出てまいりました。
戦ヴァル03 市街地戦の高難易度版みたいな感じだろうか?
なかなか雰囲気は良いのだけど、跳ね橋ギミックがなかなかの面倒臭さを醸し出している。

このギミックが1個だけならまだしも、今回3個くらいあったので本当に面倒臭い。
物理的に時間が掛かっちゃうのがねぇ、たぶんクリアするのに1時間半くらい掛かった気が……。

なんだか、段々と1戦が長いミッションが増えてきているので、かなり消耗させれるものだわ。
すでに40時間以上プレイしているのに全体の半分も進んでいないとか、ちょっとダレ気味。


ま、そんなこんなで、8章終了。
戦ヴァル04 自国の民間人(避難民)を見殺しにした感じで終わっちゃったので、かな~り後味が悪過ぎる
もう正規軍がいいかげん腹が立ってきたものだ! いつかギャフンと言わせられるのかなぁ?

なにやら、グスルグのポテンシャルに「猜疑心」が追加されたようで、クルトとの関係が心配かも。




戦場のヴァルキュリア3 COMPLETE ARTWORKS (ファミ通の攻略本)
Posted at 2018.9.6
週刊ファミ通編集部
エンターブレイン


PSP「戦場のヴァルキュリア3」プレイ感想(12)、ヒロインのどちらかを選ばされたりダハウの目的が判明したりで、もう大変だ!(7章)

PSP「戦場のヴァルキュリア3」プレイ感想(11)、断章をやってみるの巻05&限りなく個人的な勝負事で命を取られる敵さんが可哀想







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation