サモンナイト01 第20章、サモンナイト4のエニシア登場! 顔を見て「ああ、こういうキャラもいましたね」という感想を持つほかなかったわけで……。

4の主要キャラなのだろうけど、思いのほか覚えていないものだわ。というか、ストーリー自体をほぼ忘れているので、こうなってしまうのもさもありなん。

自分は3・4しかプレイ経験がないものの、もし過去作全てにプレイ経験があったとしても、大半の内容を忘れていた自信があったりなかったり(1ミリも自慢にはならないが……)


【スポンサードリンク】


しかし、そんな自分でも「お祭りゲー」である本作を分からないなりにも楽しめていることだし、世間で言われているほど悪くないと思うんだけどなぁ(ガチ勢の人が過剰に叩き過ぎ)

まあ、ナンバリング作品として出してしまったのが問題であって、そうじゃなかったら評価が変わっていた可能性あり? そんな気がしないでもないや。


続いて、第21章に突入! ここで久々のメルギトス&トウヤとバトル
サモンナイト02 敵LVが21~24に対し、こちらの主力はLV15。正直、ボスは大したことはなかったんだけど、大型のザコ敵のフォラオっぽい見た目のやつが強いったらないんですが。。

範囲攻撃で約100ダメ食らった時には思わずポカーンとしてしまった。おまけに、カウンターで状態異常付与とか、どんだけいやらしいんだよ……(カバみたいなやつもこんな感じだったね)

アウトレンジから物理で叩くと効果的だけど、そういったユニットも限られてくるので、なかなか大変であった(これはもう、大人しくLVを上げましょう)


バトル終了後、メルギトスとの会話で、ついにアム&ラージュの正体が判明!
サモンナイト03 記憶の残滓が混ざり合って、偶発的に生れ落ちた「異分子」だったらしい。

どこか別の世界から召喚された者じゃなかったけれど、少なくとも「影法師」じゃなかっただけ良かったんじゃなかろうか?(一応、生命だったわけだし)


そして、イストの正体はというと、この世界の創造主である「異識体」の分身とのこと。

じゃあ、やっぱり敵なのか? と思うところだけど、イスト曰く「2人の成長をこの目で見届けたい」らしく、彼自身も創造主に立ち向かうことにした模様、なんやかんやで良かった良かった。


それから、第22章に突入! またしても魔王ハヤト戦
サモンナイト04 敵LVが23~25に対し、こちらの主力はLV16。なにやら、ターン経過でどんどんザコ敵を増やしちゃうというのが、なかなかの面倒臭さであった。

こちとらLVを抑え目にして進行しているから、否が応でも戦闘に時間が掛かっちゃうので、非常に相性が悪いボスだったように思う(とはいえ、呼び出すザコは弱かったけども)

しかし、相変わらず、ボスよりもフォラオっぽい見た目の敵さんの方が強かった……。無駄にMPも消費しちゃうし、ほんと対策を考えておかねば。


で、無事に魔王を撃破し、なぜか仲間になっていたメルギトスの説得(詭弁)により、魔王自身も仲間に! いよいよクライマックス感が出て来たところで22章まで終了。






Vita「サモンナイト6」感想(7)、完全に“術ゲー”という雰囲気を醸し出している(でも物理主体でいきたい)

Vita「サモンナイト6」感想(6)、敵の術が痛くて仕方がない!しかしクラスチェンジするとステータスアップの恩恵がすご過ぎるしバランス調整難しい









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation