サンダーフォース01 苦戦続きであった4面ボスもなんとか撃破して、初の宇宙ステージへ突入!
自機が“強化ユニット”みたいなものとドッキングして、大気圏へ進むシーンが結構アツい。

しかし、舞台が宇宙になったことで、雰囲気的には割と在り来たりになっちゃった印象。
昔の2Dシューティングと言ったら宇宙という固定観念が、どうしても拭い切れないものだ。

個人的にはガンダムとか全く詳しくないけど、それっぽさも有るんじゃなかろうかと。
(自分は漫画「シドニアの騎士」が好きだったりするので、その辺も彷彿としてしまう)

【スポンサードリンク】


で、5面ボスとの対面。こちらも強化ユニットを取っ替え引っ替えしてきて、なんか凄い!
本作のボスは大体において変形するんだけど、ここのボスは演出面も結構凝ってて魅せられる。


最終的に水色の動物っぽい形態になり、初見ではこいつで撃沈しました。
サンダーフォース02 4面ボスで苦戦し残機を減らした状態でここまで来ちゃうと、なかなか厳しいものがある。
その辺をなんとか安定して抜けられればワンチャンあるんだけどなぁ。

その前に、3面ボスもあんまり安定しないので、自分的にはなかなか大変だ……。
(手がかじかむ季節なのに、緊張感により手汗が出てくる始末)


ちなみに、この5面ボスというのが、前作「サンダーフォース4」の自機なんだそうな。
それを人類が宇宙で発見し、オーバーテクノロジーを手にしたことで破滅の道を辿るのが本作。

結構ベタなストーリーではあるものの、その辺の背景を知った上でプレイすると結構面白い。
(FF7の魔晄炉や、オーディンスフィアのコルドロンみたいな感じかな?)


そして、2回目の挑戦で運よく(?)ノーミスで5面ボスを撃破し、6面へ突入!
サンダーフォース03 いきなり電脳空間みたいなところに連れて来られてしまった模様。
出てくるザコ敵とかも、どんな攻撃してくるか予見できない怖さが付きまとう。

実際、事故との戦いだったけれど、ボスはそこまで強くなかったので初見で撃破出来ました。


そして、ついに最終ステージ、ラスボスとのご対面が実現!(7面はボスのみ)
サンダーフォース04 うん、何というか、攻撃パターンがよく分からないので、普通に撃沈……。
これまでのボス以上に多彩な攻撃をしてくるから、アドリブ力が試される感じですな。

狭い空間な上に、ボスの攻撃範囲はかなり広い、
これはもう緊急回避としてのボムが欲しいとしか言いようがないものだ。

正直、バリアではボムの代わりにはならないんだよね。
自機が落ちたら大抵ボムは回復すると思うけど、バリアは回復しないわけだし。


いやぁ~、辛い。ちょっとこのラスボスは、シューティング初心者には非常に厳しいな……。
でも、ノーコン(ワンコイン)&フリーレンジ禁止でここまで来れたので、とりあえずは満足かも。

まずは、3・4面ボスを安定して倒せるようにならないと後がジリ貧になるので、練習あるのみ。




PS「サンダーフォース5」プレイ感想(1)、シューティング初心者だけどフリーレンジ禁止で遊んでいこう






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation