うたわれ01 ウズールッシャと絶賛合戦中。八柱将も出張ってきているので、一気にヤマト優勢という塩梅に。

なにやらバリアのようなものを張るムネチカさん。そのバリアの範囲が広がるにつれ、
敵兵が血煙をあげて倒れていくので、さすが「護りの戦い」が得意というだけのことはある。

でも、“護り”って聞くと、てっきり帝都にて防衛戦をして名を上げたのかと思っていたのに、
まさか国境沿いまで出てきて、最前線から防衛しちゃうとは驚かされるものだ。

【スポンサードリンク】


そして、仮面の力を解放するオシュトル
まさかそんな能力があったとは思いもしなかったなぁ、ほんとにビックリ。
うたわれ02 でも、その力を使いすぎると、仮面と主は同化してしまい、
魂を食らい尽くされてしまうんだそうな。さすがに、デメリットはあるわけか。

(今のところシルエットだけなので、巨大化したデザインがどんな感じなのか気になる)


そんな感じで、八柱将やらが本気を出せば、敵国なんて赤子の手をひねるようなもの。
圧倒的な強さを見せ付けて、終いにはウズールッシャをヤマトに併合して幕切れ

こんなにも力の差があるとは思わなかったので、ちょっと拍子抜けしてしまった。
でも、相手国の王はまだ生き残っているから、いつか報復してきそうな予感しかしないね。


それから、ミカドから頼まれて、新たに発見された「遺跡」の調査をすることに。
うたわれ03 古代遺跡というから来てみたのに、見るからにハイテクな部屋が鎮座している。

やっぱり、なんとなく気付いていたけれど、
古代に高度文明が栄えていて、それが滅んだ後というのが今の世界ということか。

(有名どころの作品で言えば、「風の谷のナウシカ」もそういった世界観)


コールドスリープした人間も出てきたし、ハクもそうだったのだろうと想像に難くない。
しかも、そのコールドスリープに失敗したのか、人間が“タタリ”になってしまい、さあ大変。


仕方がないので、その人間の成れの果てであるタタリとバトル!
うたわれ04 攻撃をするたびに「痛い」とか「やめて」とか言うので、非常に心苦しい……。
「パパ、ママ」とかも言うし、子供もコールドスリープされていたということか。

ま、でかいやつ以外は火力も大したことがないので、物量が多いだけの敵さんだったかも。


ハク曰く「自分ももしかして、ああなっていたのか……?」と、色々と気付き始めている模様。
あんなの目の当たりにしたら、否が応でも思い出してしまうのかもしれない。

ああ……思い出した……自分の名は……」というところで一区切りつくので、モヤモヤが募る。






Vita「うたわれるもの 偽りの仮面」プレイ感想(6)、ホノカと飴屋のオヤジの正体に衝撃を受ける、そして一気にきな臭いストーリーに……

Vita「うたわれるもの 偽りの仮面」プレイ感想(5)、ノスリの火力の高さに戦慄!&ウルゥルとサラァナという厄介過ぎるご褒美






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation