うたわれ01 地の利を活かしたトゥスクル側の戦法に、非常に苦しめられているヤマト軍。
正直、この展開は予想できなかったなぁ、小国相手ならサクッと戦も終わると思っていたのに。

どうしたってヤマト側を贔屓目で見てしまうものの、クオンのことを考えると複雑な気分。
どちらが勝とうとも後味が悪くなるのは避けられないようだ、いやはや……。

そんな中で、トゥスクルの将クロウが登場! あ、この人はダントラ1にも出てきた人じゃんか。
「ToHeart2」にもロクさんとして出てくるけど、やっぱり「うたわれ」が初出なのだろうね。

【スポンサードリンク】


このキャラが出てくるということは、“ハナさん”も出てくるのだろうか?
まあ、この世界においては、名前とかも違ってくるのだろうけど、たぶん。


てなわけで、トゥスクル兵を蹴散らした後、クロウとバトル!
うたわれ02 うん、何というか、取り巻きのザコからしてレベルがこちらより3~5高いので普通に強いです。
特に術兵の火力がとんでもなくて、約400ダメージとか出してくるとか驚かされる。

別に属性の相性が悪いとか関係なくそれだけ与えてくるから、恐ろしいことこの上ない。
クロウに関しても、狙われたら一発撃沈を覚悟しないといけない模様(必殺技も使ってくる)

そんなわけだから、近づかれる前にできるだけ遠距離から削っておかないと厳しいですな。
ま、4ユニットほど退場されつつも何とか撃破! 相手が「起死回生」とか持ってなくてよかった。


なんやかんやあり、当初の目的である物資の奪還に成功。しかし、ここでまさかの展開に……。
うたわれ03 ムネチカ「聖上が……崩御なされた

よもや海を渡って他国へ侵攻中にミカドが亡くなってしまうとは……。
ついつい「豊臣秀吉かよ!」という突っ込みをいれたい衝動に駆られてしまう。

アンジュが成人するくらいまでは生きると言っていたのに、あまりに急だね、ほんと。
これはハクがミカドの後を継ぐという展開待ったなしなのか!? 想像つかないな。


そして、否応なしにトゥスクル侵攻も終了。
その帰り道、なぜかウズールッシャの刺客に狙われてしまう(なぜ、このタイミングで?)
うたわれ04 刺客を倒したと思ったら、なんか化け物に変身しちゃったし、どいうことなの!?
クロウ戦と比べたらそんなに大したことはなかったけれど、この展開自体には驚かされるね。


これは敗戦時に逃げおおせたウズールッシャの王が、良からぬ力を手に入れてしまったのかな?
すでにトゥスクル内に入り込まれているとか、ヤマトよりトゥスクルの方が危ない予感……。






Vita「うたわれるもの 偽りの仮面」プレイ感想(8)、トゥスクル使節団に翻弄されヤマトの真の姿に驚かされた

Vita「うたわれるもの 偽りの仮面」プレイ感想(7)、仮面の力を解放するオシュトル&古代遺跡を調査したら色んな真実が見えてきた?






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation