うたわれ01 トゥスクルから帝都に戻ってきたら、ミカドは暗殺? アンジュは暗殺未遂??
それらの嫌疑がオシュトルにかけられて、さあ大変! クライマックス感がプンプンするぜぃ。

毒の影響で声を出せなくなっているアンジュだから、いくらでも誘導尋問出来ちゃうしなぁ。
そのせいで、より疑惑が深まってしまったオシュトルさん、酷い話だ。

何というか、ファンタジー → SF → ミステリ といった風に変遷していってるね、本作は。
この後、ロボットバトル物みたいな感じにもなるし、退屈する暇なんて一時もない。

【スポンサードリンク】


で、アンジュ&オシュトルを救出するために、宮殿に潜入するハク一行。
そこで待ち構えていたのが八柱将のヴライだったという流れ。

「ヤマトは真に力のある者によって統治されねばならぬ」と、アンジュを傀儡にするらしい。
(あくまでもこいつは事件の混乱に託けて行動を起こしただけなので、真犯人じゃないけど)


そして、オシュトルを伴ってヴライとバトル!
うたわれ02 ザコはいいとして、ヴライ強すぎでしょう……。
まさか反撃が広範囲攻撃になっているとは思いもよらなかったわけで。

一気に取り囲んでボコボコにするつもりが、一度の反撃によりユニットが一掃されて涙目
こいつは遠距離攻撃でどうにかしないことには、ヤバイとしか言いようがないものだ。

一応、3回目の挑戦で勝てたけれど、ZOC要員が用を成していないのが非常に辛いね。


続いて、仮面の力を開放したヴライとバトル!
うたわれ03 いやぁ~、前の戦いが厳しかったから、今回もヤバイだろと思ったら本当にヤバかった。
ほんと範囲攻撃が鬼畜過ぎて、一気に壊滅状態にさせられてしまう(結構萎えます)

その上で、定期的に1000以上も回復しちゃうし、反則だろ! と言いたい衝動に駆られるね。
とりあえず2回挑戦してみて、厳しいと判断したので、しばし「戦闘回想」で育成。

(本作って「初回クリア報酬」以外は貰える経験値が結構少ないから、BP稼ぎが主だけど)


で、ステージ15を5戦程度やって、体力とか防御あたりのパラメータを増やすお仕事。
これまで「素早さ極振り」してたけど、一発撃沈があるから安定重視じゃないと非常に厳しい。

ボス戦だけバランスがおかしいので、手数を増やすより防御を上げとかないと戦えないですな。
もしくは、完全に防御を捨て去って、「攻撃極振り」で一気呵成に撃破狙いでもいいのかも。


という感じで、なんとかハク1人生き残ってギリギリ撃破!
なぜか再挑戦時では全く回復してこなかったんだけど、何が要因だったのだろう? 不思議。

(最悪、難易度を下げることも考えていたものの、何とかそのまま勝ててよかったです)


それから、追っ手から逃げるため、オシュトルらの故郷エンナカムイへ向かうことに。
そんな折に、まだ息のあったヴライが帝都内で暴走! もはや謀反人扱いになってて大変だ。
うたわれ04 その後、ヴライに追いつかれてしまい、仮面の者同士のぶつかり合いに発展。
オシュトルに勝機あり!? と思わせておいて、ネコネの闖入によりそれもご破算……。

この展開はほんとショッキング、ハクによる「ネコネ、何してんだ」の声音がそれを集約していた。
でも、オシュトルに勝つ見込みなんてないと周りは思っていたんだから、これは仕方がない。

ネコネからしたら、イタチの最後っ屁みたく、終わりがくるのを遅らせたい一心だったのでしょう。
まさか、オシュトルが奥の手を持っていたとは誰もが思っていなかったわけで……。


しかし、最終的には、仮面の力をこれでもかと使いオシュトルが見事勝利!
うたわれ05 とはいえ、その代償は大きかったようで、その身体が消滅する憂き目にあってしまう。
そんな中、オシュトルがハクに仮面を差し出すとか、なんて重たいものを託してくるんだ……

ハクによる夢のぐーたら生活もこれにて終了、オシュトルとしての人生が開幕。
託されちゃったんなら仕方がない、これからは帝都奪還の扇動者として生きていくのみ。


でも、真犯人を探すのならば、隠密としてのハクの方が動きやすくないのかなぁ?
民や下級兵士あたりにはハクの顔は割れていないし、暗躍できると思うんですが。


そして、ハクが死んだと知らされたクオン、周りの仲間達を残して1人立ち去ってしまう。
うたわれ06 なんだか、よく分からない力が解放されちゃったりもしたし、精神的に大丈夫なのか!?
「大切な人を失って初めて知る恋心」とか、ベタではあるけど思わずウルッときてしまうね。


というわけで本編クリア! 確かに続編ありきな終わり方だけど、キッチリまとまっていたと思う。
個人的には、本作だけでも満足度が結構高かったかも。ストーリーがほんとに面白いです。

続きが気になって仕方がない、「二人の白皇」も買ってあるのでプレイしなくちゃ。






Vita「うたわれるもの 偽りの仮面」プレイ感想(9)、ダントラにも出てくるクロウ登場!&かの国の刺客が化け物に?

Vita「うたわれるもの 偽りの仮面」プレイ感想(8)、トゥスクル使節団に翻弄されヤマトの真の姿に驚かされた






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation