うたわれ01 偽アンジュがミカドに即位したという報が入ってきたタイミングで、
こちらのアンジュも薬が効いてあっという間に元気に復活! ご都合的に感じるけど、まあ良し。

一体、どちらのアンジュに付くのか? その辺の判断を諸侯に委ねられる事になったという塩梅。
どちらも本物だと主張している以上、ヤマトが割れるのは必至。どうなりますことやら……。

(ずいぶんと戦記物らしさが出てきたものだ。やはりお家騒動は戦記物に付き物だよね)

【スポンサードリンク】


八柱将の誰か1人でもオシュトル側に付いてくれると心強いんだけど、
大局が見えてこない時点では、なかなか動いてくるものではないか、いやはや。

ところで、トゥスクル戦撤退の殿をつとめていたムネチカさんはどうなったのだろう?
誰一人として彼女を気にしてる素振りを見せないのも気掛かりではある。


ま、そんな風に諸侯が牽制し合って動けないところに、デコポンポ軍がエンナカムイに侵攻!
さすが悪い意味で期待を裏切らないことに定評がある人物ですな(空気が読めない)


そして、まさか自分達で用意した獣に食われて死んでしまうとは思いもよらなかった……。
うたわれ02 正直、デコポンポとボコイナンテだけは、ただでは死なないと思っていたので、
こうもアッサリと退場されてしまうと、思わずポカーンとさせられてしまう。

絶対、モズヌみたいに何度も戦うことになると思っていたから、ちょっと残念かも。
ちなみに、この獣は行動が遅いので、割と一方的にボコボコにすることが出来ました。


てなわけで、エンナカムイの初陣は見事勝利! ……というタイミングでまさかのミカヅチ登場!
うたわれ03 「まさか仲間になってくれるの?」と一瞬でも考えたのが間違いであった。
そんな甘い話があるわけがないよな……、現在ヤマトを仕切っているのがミカヅチの兄貴だし。


ここでオシュトルとミカヅチが“一騎討ち”をすることになるわけだけど、
その太刀筋によって、相手がオシュトルではないということがバレてしまう。

というか、刀ではなく、鉄扇を使っている時点でそんなのバレちゃうって……
相手がベルセルクの「ドラころ」みたいな剣なのに、それを扇で受けて立つのも無謀過ぎる。


当然のごとく、ずたぼろにされてしまうオシュトル(ハク)さん。
これは仮面の力を使わない限り厳しいのでは? と思っていたら、やはり力が開放された模様。
うたわれ04どういうことだ! 何故仮面の力を引き出せる!?

と、ミカヅチは驚いていたけれど、仮面の力って誰でも使えるという代物ではないわけか、ほぉ。
「仮面に選ばれし者」、いわば適合者だけが本来使える力ということらしい、なるほどね。

ではなぜハクが仮面に選ばれたのか? やはり亜人ではなく人間だからということなのでしょう。
だとしたら、ウルサラにも仮面を付けたら変身するのかもなぁ、そんな展開は絶対ないだろうけど。


で、オシュトル(ハク)の意志というものを認めてくれて、ひとまず撤退してくれたミカヅチ。

しかしながら、八柱将1人を倒し、左近衛大将とも衝突したことから、
諸侯からは逆賊扱いとなったオシュトル率いるエンナカムイ。傍目ではそうなってしまうか……。

これで中立を保っていた勢力もヤマト側に傾いてしまう!? まさに「四面楚歌」状態。
まだ初陣を果たしたばかりだというのに、こんなにも劣勢になってしまうとは衝撃です。






Vita「うたわれるもの 二人の白皇」プレイ感想(2)、まさかボコイナンテと戦うことになるとは……&ヴライ将軍生きとったんかワレ!?

Vita「うたわれるもの 二人の白皇」プレイ感想(1)、クオンの“ヤマトを落とす”宣言に驚愕!そしてハクとネコネに早くもウルッとさせられた






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation